林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

Violet for Tumblrの紹介

Violet for Tumblr Violet for Tumblr

リブログとライクを同時実行出来るのが特徴。WEBベースのTumblrクライアント

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
3.5点 / 1件 )
著作権者: Ryo Nakae
動作環境: WEBアプリ
公式サイト:

WEBベースのTumblrクライアントです。ポスト一つを一画面に表示して、そいつをページ送りしていくタイプ。公式のダッシュボードなどは下方向にスクロールしながら潜っていくものですから、ポストは垂直方向に並んでいるという既成概念が出来てしまっています。しかし、Violet for Tumblr(以下Violet)はちょっと違う。Violetはポストが横向きに並んでいて左から右に潜っていきます。ちょうど横書きの左綴じの本のような感じ。加えて横幅が500px前後の固定でタテは可変という縦長インターフェースも相まって本っぽさがあります。私は普通にPCで試用しているのですが、左右に広大なスペースが出来てしまい大変もったいない。これはあれですね、縦長のモバイル端末を前提としている気がする。というわけで、7インチタブレットからアクセスしてみたら完全にしっくり来た。なるほどこれが本来の姿か。

Violetの特徴は、リブログとライクをワンアクションで同時に出来るリブライク? ラブログ? ボタンを搭載している点です。ラブログがラブリーで気に入ったので以下はラブログで統一致します。左右のポスト送りボタンの真ん中にあるのがラブログボタンで、こいつをクリックするとライクとリブログが同時に実行されます。個別のリブログ、ライクボタンも設置されていますが、ラブログボタンに比べサイズが小さいし、スクロールが必要なポストの場合隠れてしまい常に表示されるというわけではありません。つまり、Violetはラブログを使用する前提で作られています。

これは難しい問題ですよ。とても難しい。我々人類は、ライクとリブログを同時に実行するべきなのでしょうか? 私には答えが出せそうにありません。だってこの問いに答えは存在しないから。Tumblrはあまりにもユーザーに自由な使い方を許容するサービスです。ユーザーが100人いたら100人とも違う使い方をしているに違いない。リブログをすると、自分のブログページにそのポストが投稿され、フォロワーのダッシュボードにもそのポストが表示されます。一方でライクは、そのポストのリアクション一覧には誰がライクしたかが記録されますが、ブログやフォロワーのダッシュボードには表示されません。つまり一般的には、みんなにシェアしたいパブリックなポストはリブログ、自分で楽しみたいプライベートなポストはライクという使い分けをします。もちろん常に「みんなにシェアしたい」と「自分で楽しみたい」が一致している人もいるでしょう。その人にはVioletはベストフィットしているといえる。しかし、世の中はそんな単純ではないのです。リブログとライクでポストの色を完全に変えている人がいます。かなり頻繁に見かけるので、一定の派閥を形成しているのではないかと思う。例えば、オシャレでセンス抜群なPinterestみたいなポストだけをリブログし、エロ画像はライクしているというパターン。このケースの場合、それぞれまったく住む世界が違いますのでリブログとライクは決して交わる事はありません。

さて私はどういった使い方をしているかなーとこれを気に考えてみました。結論として私は常にラブログするラブログ派とリブログ・ライク完全分離派の中間のように思う。私のイメージでは、リブログは一期一会で流れ行くもの、ライクはその流れからとどめておきたいもの。最高にストライクゾーンの特別なポストに出会った時にリブログと一緒にライクもします。見返してニヤニヤするために。それと、未来のためのキープでもライクを使う。この前「セクシーな手の書き方」という画像をラブログしました。私は絵は描けないのですが、将来絵が描きたくならないとも限らない。

先ほどモバイル端末前提とか書きましたが、実はPCを完全無視しているわけではありません。PCユーザーのためにキーボードショートカットが用意されています。Jキー:前の投稿、Kキー:前の投稿、Lキー:ライク、Rキー:リブログ、Vキー:ラブログというアサインです。最近は、Rキーでリブログなんですね。FirefoxのLDRizeとかを使って、Tumblrでショートカットを無理やり使っていた時代は、Tキーでリブログとしている人が多かったと記憶しています。ちなみに現在は昔と違って公式のダッシュボードでもキーボードショートカットが利用できます。結構知らない人も多いかも。ちょっと調べたところ公式もVioletと同じキーアサインだった。よくよく考えてみると、リブログするためのキーがTumblrのTより、ReblogのRの方が直感的かもしれません。

ラブログ派の人にはぜひ使って欲しいVioletなんですが、最後に弱点というか制限の話。Violetでは、250件以上のポストを潜ることが出来ません。頭からみていって250件に達すると「これ以上読み込めません」というメッセージが出て、それ以上潜れないようになっている。これはTumblr APIの制限でこのような仕様になっていると思われます。Tumblr APIは意地悪い事に深く潜れないように制限がかかっているのです。一日に250件も閲覧しない95%のライトユーザーは問題ないと思います。しかし、残り5%の少しアレな層の人は欲求不満で発狂するかも。ちなみにこの制限はトリッキーな方法で泣きながら実装すると突破出来たりします。残念ながらトリッキーな方法にVioletは未対応。しかし希望はある。VioletはGithubでプログラムソースを公開しているのですが、そこのIssueリストに「気合で250件以上取得できるようにする」というIssueが登録されていました。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2016/03/15 )

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

公式サイト : Violet for Tumblr