林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

Send to Kindle for PCの紹介

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

Send to Kindle for PC Send to Kindle for PC [海外]

右クリックからPDFや電子書籍ファイルをKindleパーソナル・ドキュメントに簡単送信

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: Amazon.com, Inc.
動作環境: XP/Vista/7
公式サイト:

Kindleパーソナル・ドキュメントってみんな使ってます? 私の中でKindleの結構重要な機能だと思っているのですが認知度がいまいちな気が。みんなもっと使おうよKindleパーソナル・ドキュメント。というかアレですかねもしかして使いにくいのが原因? 自炊したPDFファイルであるとか、自作した電子書籍ファイルなんかをKindleに送信する場合、一番お手軽な方法はUSBでKindleを接続してファイルを転送する方法です。でもUSB経由で転送したファイルを端末容量の兼ね合いとかで削除してしまうと、まあそのままです。もう一度端末に入れたかったら、またUSBで接続して再転送する必要がある。一方でKindleパーソナル・ドキュメントです。端末ごとに設定される固有のメールアドレス(XXX@kindle.com みたいな)にファイルを添付する事で、Kindleパーソナル・ドキュメントに自分の書籍ファイルが登録されます。これで、自分のファイルもAmazonで買った書籍と同じように扱える。これでいつでも端末から削除しても、また端末に再ダウンロード出来るようになります(ただしWi-Fiの時のみ)。

今時メールって言われてもねえ? なんでそんなメンドイ事をしないといけないのですか。だから私は、Send to Kindle for PCを使う。Send to Kindle for PCをインストールしてあれば、パーソナル・ドキュメントに送信したいファイルを右クリック→Send to Kindleから簡単にパーソナル・ドキュメントに送信出来ます。これでパーソナル・ドキュメントに登録、さらに端末に配信までが自動で行われます。いちいちUSBケーブルで接続しなくていいのでこれは楽だ、間違いない。Send to Kindle for PCをインストールすると、Send to Kindleという名前の仮想プリンターも一緒にインストールされます。こいつで印刷すれば、それがそのままKindleに送信されます。印刷が可能なソフトなら、エディタだろうが、エクセルだろうがなんでもOK。Kindleがとても近くなった気がする。

最後に私が実際にどんな風にSend to Kindle for PCを使っているかをご紹介。私前にも書いたことがあるかもしれませんが、徳岡正肇氏の4gamer.netに掲載されているハーツ オブ アイアンIIのプレイレポート記事が大好物なんです。軽快な文体、行間からほのかに香る確かな歴史への造詣と知識、私もこんな文章が書けるようになりたい。私に何が足りないんだろう、インテリジェンス?
このWEBの記事をまとめた書籍が出ていて、私はその本を持っています。ただこの本WEB上の記事すべてを網羅しているわけではなくて、いくつか秀逸なものを抜粋して掲載されているのです。だから本に載っていない記事を読みたい場合は、ブラウザから見ないといけないわけです。でもそんなんは嫌なの。いつも傍らに置いて寝る前とかに読みたいの。というわけでWEB上の記事をコピペしてテキスト化、ChainLPを使ってMOBI形式の手作り電子書籍に仕立てて、Send to Kindle for PCでKindleに送信してやりました。こ、これはいい、何時でも読めるぞ! 何度でも読めるぞ! 電子書籍化は結構大変だったけど、Send to Kindle for PCでの送信は複数ファイルの同時送信も可能な事もあってとっても楽。私のように心の師の文章がWEB上にしかない人におすすめしたい。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2013/02/07 )

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

1 : +;Ylk : 2013/02/07 (木) 02:02:59 返信
ゲシュタルト崩壊しかけた。匙加減が絶妙
2 : Y~Vbf : 2013/02/07 (木) 10:27:58 返信
乙女だった。

公式サイト : Amazon.com: Send to Kindle for PC