林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

oTranscribeの紹介

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

oTranscribe oTranscribe [海外]

音声ファイルを再生しながらの文字起こしが可能なWEBアプリケーション

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
3点 / 1件 )
著作権者: oTranscribe
動作環境: XP/Vista/7/8/WEBアプリ
公式サイト:

oTranscribeは音声ファイルを再生しながらの文字起こしが可能なWEBアプリケーションです。上部にプレーヤー、下部にテキストエディタを配置しています。音声ファイルの対応形式はMP3/OGG/WEBM/WAVです。文字起こしに特化した機能及び操作性を備えています。まず再生速度の調整機能。文字起こしの肝となる機能です。これよく聞いてみるとそんじょそこらの再生速度変更機能じゃなかった。普通は倍速再生するとキンキンした超高い声になったり、逆に速度を落とすと、どこの部屋の力士ですか? という音になりがちじゃないですか。oTranscribeはそうならないように違和感なく、音程を調整してくれるのでぐっと再生速度を変更しても安心。他にも早送り、巻き戻し、一時停止なんかは当然可能。

テキスト編集機能ですが、普通のテキストかと思いきやリッチテキストでした。だから文字列のボールドや、イタリックなんかが可能。編集したテキストは、右下のExportボタンを押せばファイルとして出力可能です。出力可能な形式は、テキスト形式かマークダウン形式で出力可能です。テキスト形式だとボールドとかの情報は落ちてしまいますが、マークダウン形式なら書式を保持したまま保存出来ます。マークダウン形式とは、軽量マークアップ言語で簡単に段組み、リスト、見出しなんかを表現できる形式です。最近、大変流行している形式でReadmeがマークダウン形式で書かれているのをよく見かけますね。

ここまで読んで「再生速度変更可能な適当なプレーヤーで再生しつつ、好きなテキストエディタで文字起こしすればいいんじゃ?」と思った人は大変な慧眼の持ち主と思われます。そう、そうなの、それでもいいいの、だけれどもoTranscribeを使う意味もあるの。再生部分とテキスト編集部分がくっついているのが重要なの。oTranscribeはプレーヤーのコントロールをすべてキーボードショートカットから行う事が出来ます。巻き戻しも、早送りも、速度変更も全部出来る。つまりですね、テキストを編集しつつ、キーボードから手を離さないでプレーヤーを操作出来るのです。いちいちマウスに持ち替えなくてよい。これはいい、文字起こしの友として素晴らしく機能します。後悔せよ、oTranscribeを使わない辛く苦しかった文字起こしを。想像せよ、oTranscribeと共にあるバラ色の文字起こしライフを。

話は変わりますが「文字起こし」ってなんの事ですかね? そんな単語は私のボキャブラリーの中には無い。私もぜひ文字起こしをしたいのだけれど一体全体何から文字を起こせばいいのだろう。ここはアレだ、私のアドリブ力が試される場面だ。単語の語感や、oTranscribeが持っている機能から逆にたどってそれらしく「文字起こし」をするんだ。えーと、そうね、あ、私分かったかも。政治家がやらかした時のアレの時に使うんじゃないですかね。「どういった経緯で5000万円を受け取ったのですか?」「記憶にございません」そんな時にボイスレコーダーが10個ぐらい向けられるじゃないですか。きっとアレですよ。あそこで録音した音声はそのままでは記事に出来ませんので、それを「文字起こし」して記事にするに違いない。いつか私もボイスレコーダーを向けてやろうとタイミングを見計らっているのですが、今の所その機会に恵まれません。ボイスレコーダーも持ってない。他にも「文字起こし」はあるはずだ。そう、耳コピとかどうでしょう。よく訓練された人は、音楽を聴きながら楽譜に起こせるらしいですよ。ただ私は五線譜の線が何本なのかわからないような人類なので縁遠い。あとは、歌詞をテキストに起こすタイピング練習とかですかね。未だに私、気づくと手元を見ながらタイピングしてたりするし。まーでもメンドウなのでそんなんやらないよね。仕方がないので、ただのプレーヤーとして今使ってます。いいね。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2014/02/17 )

備 考

Firefox27でエクスポートボタンが動作しない事を確認。Chrome推奨のようです

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

公式サイト : oTranscribe