林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

Autolの紹介

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

Autol Autol

ID、パスが必要なサイトに自動ログイン

メイン画面
メイン画面
メイン画面
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: N.I
動作環境: XP
公式サイト:

Yahooオークションだとかinfoseekメールだとか利用するのにIDとパスワードを入力する必要があるサイトに自動ログインするためのHTMLを作成するソフトです。つまり、いちいちIDやパスを入力しないでも、ログインできるようになるわけです。インストールすれば即使えるってタイプのソフトでないんで、簡単に使い方を紹介してみます。それではHere we go!

Lesson 1
autolの起動。あせらずゆっくり「autol.exe」をダブルクリックするんだ。…エクセレント!良く出来たね。君ならできると思っていたよ。

Lesson 2
目的のログインページのURLの入力。ログインフォームのあるURLを探してきて入力。そして、受信ボタンを押すんだ。いいかい?二回でもなく三回でも無くて一回だけ押すんだよ。

Lesson 3
ユーザーIDやパスワードの入力。受信が成功していれば「名前」と「値」が表示されているよね。その「名前」中から「id」とか「username」とかそれっぽいのを探して「値」にユーザーIDを入れるんだ。次に「password」とか「pwd」とか同じくそれっぽいののを探して「値」にパスワードを入れるわけ。この辺は、インスピレーションが重要、野生の感で見つけ出すんだ。後の、なんだか良くわからない項目は削除、削除。テンポよく、リズミカルに、削除、削除。

Lesson 4
HTMLファイルを出力。さて物語はいよいよクライマックス。ここで作成ボタンを押すのかって?ノン、ノン、あせっちゃ駄目、駄目。その前にテストボタンでちゃんとログインできるか確認してね。そして、うまくログインできていれば、後はいよいよ作成ボタンを押してHTMLファイルを出力するだけ。それだけ覚えれば、It's all right!

こんな感じに出力したファイルを、ブックマークにでも登録しておけば一発ログイン野郎なれます。そのまま、だとパスワードとかが思いっきりHTMLファイルの中に書かれてしまうので、気になる人は暗号化にチェックを入れて、暗号化しておいたほうがいいかも。あと、autolを使ってもシステムが複雑なのか、うまく自動ログインHTMLを作れない所もありました。私が使ってるネット銀行は駄目でしたね。まあ、ネット銀行の自動ログインなんて危険すぎるので作れない方がよかったかもしれませんが。

このソフトは、セキュリティなんかより利便性を求める人用です。いくら暗号化しても、誰でも自動でログインできてしまうので、危険度は高くなります。それでも、それでもー、一発ログインがイイの、IDとかパスとかいちいち打つのメンドイの、ファッキンセキュリティー。と割り切れる人は使うと便利でいいと思います。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2004/11/07 )

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

公式サイト : Game