林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

BES - Battle Encoder Shiraseの紹介

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

BES - Battle Encoder Shirase BES - Battle Encoder Shirase

CPUの利用率制限ソフト

メイン画面
メイン画面
メイン画面
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4.25点 / 4件 )
著作権者: mion
動作環境: XP
公式サイト:

プロセスごとにCPU使用率を割り当てられるソフトです。 このソフトは、CPUは50%まで、こっちの奴は30%といった風に個別に制限できます。 具体的には

「やっベー動画のエンコード始めちゃったら何もできねー、ブラウザ開くのに5秒とか、かかるしありえねー。 パソコン無いと何も出来ねー、やることねー」

「BOINCで、余剰パワーで地球外知的生命体を探しているけど、悔しいとです。普段からパソコンをたいした事に使って無いので、 全部BOINCに使われるのは悔しいとです。この子(パソコン)は、BOINCをやるためだけに存在しているんじゃなかとです。」

前者の場合は、エンコーダーを50%にでもしておけば、残り50%は自由に使う事が出来ます。失って初めてパソコンの重要度に気づく事も無いはず。 後者の場合は、BOINCを30%ぐらいに制限しておけばいいはず。70%は貴方の物、BOINCに乗っ取られた感は無くなり、BOINCなんてあくまで居候と思えるようになるはずです。

設定は、かなり簡単な方で、「Target...」ボタンを押して制限したいプロセスを選択、 「Control...」ボタンを押して各プロセスに何%割り当てるかを設定するだけです。 ちなみに、%を指定できるプロセスの数は3まで。まあ、普通は重いプロセスを一つ二つ制限すればいいわけで、特に少ないってことは無いかと。 プロセス終了後も監視して、またそのプロセスが起動したら制限をかける監視機能もあります。

私が、このソフトの存在を知ったのは、Peercast配信者さんからです。Peercastは、一台のパソコンで配信を行おうとすると、 ゲームでしょー、エンコーダーでしょー、Peercastそのものでしょーと色々起動させないといけません。 ゲームによっては、使ってもない癖にCPU100%使っちゃう不届き者がいるようで、そんな時にBESで制限しているとの事です。 Peercast配信者界(やたらニッチですが)では、メジャーなソフトのようです。 配信者さんが「B・E・S!!、B・E・S!!」と言っていたので私の中では、このソフトはBESで通ってたのですが、BESとは略称のようですね。なになに、「Battle Encoder Shirase」? 戦うエンコーダー白瀬?白瀬って、このソフト日本の方が作ったの?サイトが英語なので海外製かと思ってました。 よくよくサイトの説明を読んでみると、アニメの「戦闘妖精雪風」と「バトルプログラマーシラセ」から取ってるとか。 戦闘妖精雪風はアニメ版を見たことがありすが、バトルプログラマーシラセは存じ上げませんでした。 日本なんて腐るほどアニメあるからなー。どうやらNIFTY-Serveのアニメフォーラム発祥で、キー局ではなく独立UHF放送局で5話だけ放送された物らしい。 そりゃ知らないか。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2007/12/01 )

その他スクリーンショット

プロセス選択画面
プロセス選択画面
4 :  さん 返信 掲載日:2010/12/11 おすすめ度:
おすすめ度

いいものを紹介してくださいました。
Pentium4の古いPC使ってまして動画エンコードなどのときファンがうるさくてうるさくて(^^;
寝てるときにエンコードできるようになりました。
このソフト使えばエンコードの時間は延びるけど、安眠には変えられません。

3 :  さん 返信 掲載日:2008/10/30 おすすめ度:
おすすめ度

がーん!
私も−(マイナス)の意味に気がついていませんでした!
−10%に設定して、あれー??なんであんまり変わらないんだろーとか思ってましたw

2 :  さん 返信 掲載日:2007/12/23 おすすめ度:
おすすめ度

便利ですね。
最初勘違いして設定しちまったよw
マイナスを指定するんですねww
−5%にして5%に制限したつもりになってました。

コメント

公式サイト : BES, Battle Encoder Shirase: Controls Per-Process CPU Usage