林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

KeePass Password Safeの紹介

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

KeePass Password Safe KeePass Password Safe [海外]

AES暗号256ビットで鉄壁のパスワードマネージャー

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: Dominik Reichl
動作環境: XP/Vista/7/8
公式サイト:

みなさん、パスワードどうしてます? WEBをうろうろする上でパスワードとは付き合っていかないといけない。私の場合一つのパスワードを使いまわすとかいう芋い事はしない。今メインで使っているパスワードは5個。それも英字と数字を混ぜた8桁の自動生成したランダムなパスワードを使っています。それを完全に記憶して使いわけているのです。最近のWEBサービスだとアカウントを作るときにパスワード強度を教えてくれたりするじゃないですか。あれ私、毎回「Good(サムズアップ)」の評価を頂きますから。凄い。でもまあ5個もあると、どのサイトにどのパスワードを使っているかは完全に覚えていないので、そこはテキストエディタで管理。でも私は直接パスワードを平文でテキストに書いて置くようなカッペみたいな事はしない。「メール系でよく使う奴」とか「bで始まってkで終わる奴」とかちゃんと手動暗号化して書いてあるのでとても安全。まあ自分でパスワードを設定できないファッキンなサービスの場合は、直接書いちゃってるけど。それはパスワードを設定出来ないサービスの方に問題があるのです。私は悪くない。不正アクセスされたらあなたのせいなんだからね。

分かっています、私も分かっているのです。こんなパスワード管理方法が許されるのは小学生まで。私は今日からKeePass Password Safeでセキュアにパスワードを管理する。KeePassは、ID・パスワードを管理しれくれる、パスワードマネージャーで、データは全力で暗号化されています。暗号化の形式は、AES暗号の256ビットを使っているとか。解読には149兆年かかるとかいう話を見かけました。149兆年とか……そんな小学生みたいな事言われても。というか今の今までテキスト形式平文で管理していた私には贅沢すぎやしませんかね? 正直5年ぐらいでいいです。

5年モードは残念ながらなさそうなので、仕方がないので149兆年モードで使いましょう。いくらデータが149兆年でも簡単に読み出せたら意味がないのです。そこで、起動時にマスターパスワードを設定する事で自分以外には読み出せないように出来ます。つまりあなたはKeePass起動時のパスワードだけ覚えておけばいいのです。他のパスワードは全部ランダムにしておいて、KeePassに覚えさせればいい。起動時のマスターキーは、パスワード以外にもキーファイル(ファイル自体がパスワードの代わり)やWindowsのログイン情報を利用可能です。これらを組み合わせた複合キーも可能なので、本気で何者かから守りたい場合は、パスワードを設定して、キーファイルをUSBメモリ保存し、アタッシェケースに入れて手錠でつないでおけば万全。

ID・パスワードは、ディレクトリで階層管理出来ます。アイコンを変更出来るので楽しくパスワードを管理できる。よくみるとなんか、ID・パスワードに有効期限を設定出来るんですが。「このパスワードは自動的に消滅する」的なスパイ的ななにかですね、楽しい。あとKeePassには入力補助機能もついてるのです。ブラウザ上のフォームに自動でID・パスワードを入力してくれる。しかもその入力のされ方が、パッと入力されるのではなく、一文字づつにゅるっと入力される。にゅるっ。楽しい。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2013/05/15 )

その他スクリーンショット

マスターキー入力
マスターキー入力

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

1 : 5yCnC : 2013/05/18 (土) 06:49:51 返信
自分もつい先日より使い始めました。iOS端末と無料でDropbox連携できるのが魅力。何故、今まで使わず嫌いだったのyara...

公式サイト : KeePass Password Safe