林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

練馬の紹介

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

練馬 練馬

多段階リネーマー

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 5件 )
著作権者: 山端 茂之
動作環境: XP/Vista
公式サイト:

リネーマー、リネッマー、ネリッマー、練馬ですね。わかります。
練馬を一言で表すと、なんですかね?多段階リネーマーとか?なんかカッコイイ事になってきましたよ。 「こいつどんだけナンバーなんだよ。」とか思ってましたが、多段階と聞いて見る目が変わってきました。 ロケットみたいでカッコイイ。

なんでまた多段階かといいますとですね、リネームを段階にわけて実行出来るからです。 普通のリネーマーは、リネームを行うとバッチーンと名前を変えてしまう事が多いです。 練馬は、その点が特徴的。途中経過を保存出来るので、この条件でリネームしてーそれに対してまたリネームしてー最後に実際に適応といった事が可能です。 予想される結果を確認しながらパチパチリネーム出来るので、「やべ、ミスった」って時も安心。具体的には

backup.zip
↓(_日付を付与)
backup_200080605.zip
↓(一桁間違えた。20008ってw)
backup_20080605.zip
↓(やっぱ日付いらね)
backup.zip

なんて事が可能。すごい。さすが多段階。上の例だと3段階ですよ。で、練馬を楽しく使う上で正規表現を多少は使えた方がいいかも。 まーこれは、他のリネーマーにも言えるんですけどね。リネームする上では正規表現は使えた方があきらかに便利。 練馬は左の方にメタ文字のリストとかが有る親切設計なので、トライしてみる事をお薦め。正規表現以外にも、連番付加やら、大文字小文字変換やら、スクリプト(VBScript準拠)での置換やら、ごっさーと機能が詰め込んであります。 さらに、プラグインを入れればMP3タグが取れたり、画像のExifが取れたりします。

使ってみた感触なんですが、リネーマーとして最強レベルの複雑なリネームが出来そう。 私はたぶん練馬のポテンシャルを10%ぐらいしか引き出せて無いと思うけど、なにかでっかい物の片鱗を見た。 ただ、インターフェースが少々こなれていないので、ポテンシャルを引き出すのは骨が折れるかも。 どうも直感的に操作出来ないんですよね。例えば、最初、どこを押せば、実際にリネームを行うのか分からなかった。 リネーム実行タブに行っても、実行ボタンがグレーアウトしてあって押せないんですよね。はて? 試行錯誤の結果、左のチェックボタンを押してから実行ボタンを押せばいいと分かりましたが、どうも腑に落ちません。 わざわざ、チェックボタンを押す必要がないような?そんな細かい所で損をしているソフトです。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2008/06/06 )

5 :  さん 返信 掲載日:2013/12/14 おすすめ度:
おすすめ度

とにかくわかりにくい。
他の方のレビューにもありますが、最初は実行ボタンがグレーになったままどう使えばいいかわかりませんでした。
高機能なのでしょうがその使い方の説明がほとんど無く、自称パソコン大先生にしかすぐには使えません。
作者のホームページもUI通りわかりにくい、このソフトを使うくらいならもっとシンプルなツールがあります。

使い方を調べている間に手動でリネームしたほうが早かったです。

4 :  さん 返信 掲載日:2010/10/03 おすすめ度:
おすすめ度

高機能リネーマー
他のソフトに出来ないことでも大体出来るので、これひとつ入れておけば十分ってソフトです

一見複雑ですが、説明文を見ながら出来るので、正規表現やマクロを忘れがちな人にも優しいです
いつも同じ処理しかしないなら最初にやり方を覚えればいいし
いろんな処理をするならそれこそ頼りになります
リネームするのにクリック数が多く、手間がかかるように見えますが、設定次第でそこそこ短縮出来ますよ

3 :  さん 返信 掲載日:2009/07/28 おすすめ度:
おすすめ度

とてつもない可能性を感じるリネーマーです。

複雑なリネームを行うとき、他のいろんなリネーマーがいちいちガリガリとファイル名を何度も書き換えるのに対して、練馬はいろんな処理を覚えておいて、最後にまとめてリネームします。
失敗したらいくらでもやり直しが利くから記述ミスも怖くない!

ただ使い方は非常に独特で、まるでコードでも書いてるようなパターン記述を打ち込まなくてはなりません。
そこは根性だ。いくらでもやり直しが利くから、根性だ!!

根性で使いこなせば、おそらくあらゆるリネームが可能…そう思わせてくれる懐の深さを感じます。

コメント

公式サイト : やまたんの館