林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

PrimoPDFの紹介

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

PrimoPDF PrimoPDF [海外]

仮想プリンタとして動作するPDF作成ソフト。セキュリティーの設定も可能

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: 広告ウェア
おすすめ度:
3.5点 / 2件 )
著作権者: activePDF, Inc
動作環境: XP/Vista/7
公式サイト:

私はですねPDFとか大嫌いで、.pdfって拡張子も見ただけで10メートル四方に聞こえるぐらいの音量で「チッ!」と舌打ちして、「うっせー糞ババァ、あっちいけ、死ね!!」とか言ってしまう人間です。なんというかもう反抗期でね。ごめんなさいね、恥ずかしい所を見せて。ああああああぁ、でも仕方が無いですよね、PDFは電子文書のフォーマットで独占状態の唯一無二の存在ですから。競合のフォーマットとかまったく無い。あったとしても私は知らない。今、Wikipedingしてきたら「国際標準化機構によってISO 32000-1として標準化された」とか書いてありました。なーにー私が認めていないのに世界がISOが認めたと言うことですか。

PDFってこれだけ普及しているのに意外と自分で作ることって少ないですよね。少なくとも私は殆どつくらない。でも時々どうしてもPDFで出力しなければいけないシチュエーションに遭遇するものです。人生って生きるって大変。そんな時私はPrimoPDFでPDFを出力しております。PrimoPDFは仮想プリンターとして動作しPDF出力を行います。無料のPDF作成ソフトはPrimoPDFと同じ仮想プリンター形式が多いですね。仮想プリンターなんぞ大仰な名前が付いていますが身構える必要は無いですよ。どうか安心して。要はプリンターの振りをして、プリンター的な動きでPDFを出力するソフトです。PrimoPDFをインストールするとプリンターの一覧にPrimoPDFが追加されます。あなたの持っているEpsonやらCanonなんかのプリンタとならんでPrimoPDFが追加されます。出力する元となるソフトは何でもいいです、ExcelでもWordでもブラウザ、テキストエディタ、ペイントソフトなどなど印刷が可能なソフトならなんだっていい。例えば林檎の木を表示した状態で、印刷をクリック。印刷するプリンターはPrimoPDFを選択。そうするとPrimoPDFのウィンドウが開きますので保存先を選択して「PDFの作成」ボタンを押せば林檎の木のPDFが出力されます。これだけ。元のソフトが何でもいいのは大きいですね。普段使っているソフトにPDF作成機能を追加するのと同義なわけですから

出力時に出力されるPDFの設定を変えたり、セキュリティーの設定を変えたりする事が可能です。例えばPDFの解像度を指定したり、画像の縮小方法を指定したり、PDFにタイトル・作成者・キーワードなんかを追加出来たり、PDFにパスワードを付けたり出来ます。出力時のウィンドウの右側に自社広告っぽいのが出る控えめ広告ウェアでここまで出来るのは素敵だと思います。かなり控えめな広告なのでほとんどフリーウェアみたいなものです。

さて余談です。心底どうでもいい事を書きますよ。コラ!そこの「PrimoPDFでPDFを作成して、Adobe ReaderからまたPrimoPDFで印刷してPDF作成すれば無限ループじゃね?」とか思っているあなた。意味のないことは止めておきなさい。私が試したけれどあまり楽しくなかったから。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2010/06/17 )

2 :  さん 返信 掲載日:2013/03/30 おすすめ度:
おすすめ度

一応回避方法があるとはいえファイル名で日本語がうまく扱えないのが痛い。
広告がある上にインターフェイスもごちゃごちゃしていていまいち使いにくい。
おまけに動作も同種のソフトと比較していささか重い。

っと、あまりいいところが見られないのが悲しい。
昔は数少ない選択肢だったけれども、フリー、廉価版ともに数が増えているので選択肢になりにくい。

フリーではとびぬけて高機能だし、セキュリティ機能があるのは評価点なのですが、
ほとんどの人にとっては同種のCubePDEやCutePDF Writerのほうが使いやすいと思います。

コメント

1 : cQA0Ws : 2015/05/17 (日) 07:13:11 返信
xdwって拡張子があるけどPDFより使いにくかった あとGhostscript使ってるならprimoでもcubeでも同じじゃないの

公式サイト : PDF Converter ― #1 Free PDF Creator ― PrimoPDF