林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

Kindle for PCの紹介

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

Kindle for PC Kindle for PC

パソコンでKindleが読める。Kindleの電子書籍を閲覧出来るビューア

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
3.5点 / 1件 )
著作権者: amazon.co.jp
動作環境: 7/8
公式サイト:

全世界が待っていました。正確に記述するならば全日本国民が待っていました。私は正直諦めていたけどね。まさか出す気があるとは。パソコンでKindleの電子書籍を閲覧出来るビューア、それがKindle for PCです。正確には忘れましたが、Amazon.comでは4,5年前には余裕で提供されていたソフトです。それが、Amazon.co.jpから満を持しての登場です。

やっと狂っていた世界が正常に戻ったという感じですね。今まであり得なかったのだもの。だって、だってですよ、デジタル端末の王たるパソコンで、デジタルコンテンツの雄である電子書籍が読めなかったのです。モバイル端末なら読めるのに! ありえなーい! 逆はいいのです、逆は。パソコンで可能な事が、モバイルで出来ないのは許せる。だって、処理能力であるとか画面の大きさでるとかモバイルであるが上の制約がどうしてもあるから。位置情報関連以外でモバイルで出来る事がパソコンで出来ないのは、ただの怠慢ですよ。ニートですよ。Amazonさんがやっと働く気になってくれて私は嬉しいです。

Kindle for PCは、先にリリースされたWEBアプリであるKindle Cloud Readerと違い和書に対応しています。ですので画面いっぱいにどかーんと縦書き文章を表示して、本が読めちゃう。これだけの大画面で、縦書き文章を読むという機会はなかなかないので、最初はかなり違和感が。しかし考えてみると普段は、WEBの横書き長文とか普通に読んでいるわけで、横が縦になっただけと自分に言い聞かせて読んでいたらすぐなれた。私の場合フォントを大きめにして椅子にのけぞりつつマウスホイールでページ送りというスタイルが快適だった。お試しあれ。

しかしながら、もっとも親和性の高いコンテンツはやっぱりマンガでしょうね。パソコンの大画面というアドバンテージを遺憾なく発揮し、見開きで2ページを表示出来ます。ディスプレイにもよりますが、フルスクリーンにしてやれば、ジャンプと同じぐらいの面積にページを表示出来るはず。データの解像度さえまともなら、紙のマンガに近い読書体験が可能です。

もう一つ見逃してはいけないポイントが。Kindle for PCはWindows用のデスクトップアプリケーションであるという点。という事はつまりブレイクの兆しのある、Windowsタブレットで使えてしまうという事です。素晴らしい。Windowsタブレットの時代が完全に来てる。というわけでSurface Proで使ってみたのですが、なんというかまあイマイチでした。Kindle for PCはタブレットでこそ本領を発揮するはずなのに、いまいちタブレットに最適化されていません。スワイプでページ送りが出来ず、左右の余白エリアをタップする事でページ送りする式。ピンチアウトでズームが出来ず、拡大ボタンをタップするしかない。もったいない、実にもったいない。というかAmazonってKindle for PCに限らずあまりソフトウェアを作るのが上手じゃ無い気がする。Kindle Paperwhiteとかも年々向上は見られますが、インターフェーズがそこはかとなく芋っぽい。あれだけ上手に私の家まで、商品を届けてくれるのに、ソフトウェアが下手くそってのも不思議なものです。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2015/01/28 )

その他スクリーンショット

Surface Proで使っている所
Surface Proで使っている所

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

公式サイト : Amazon.co.jp: Kindle for PC