林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

ShortPopUpの紹介

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

ShortPopUp ShortPopUp [海外]

海外製の非常駐のメニュー型ランチャ

メイン画面
メイン画面
メイン画面
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
3.5点 / 2件 )
著作権者: Digi Tallis
動作環境: XP
公式サイト:

ポップアップメニュー型のランチャです。ライバルはShorter Launcherですかね。コンセプトも見た目も、ついでに言えば両方「Short」なんて付いてて名前まで似てます。両者の違いは、Shorter Launcherがアプリケーションの登録、設定なんかをINIファイルを編集する事で行うのに対し、ShortPopUpのアプリケーションの登録は、ShortPopUpの実行ファイル以下にあるショートカットファイルを置く事で登録します。つまり、登録したいアプリケーションのショートカットをバカスカShortPopUpのフォルダにぶち込めばそれでOK。階層化もゲリ簡単、単にフォルダを作れば階層化できます。そして、実行ファイルを叩けばメニューがランチャがポップアップするわけです。そんで設定なんですがグラフィカルな奴は用意されていません。全部コマンドラインオプションで行います。ショートカットなんかのパスの後に「-sort 1」とか「-display 3」みたいなのを追加していって設定します。普通のグラフィカルな設定+コマンドラインってのは良く見かけますが、オール、全部、全て、コマンドラインン!ってのは結構珍しいかも。いいですね尖がってますね、コンセプトを貫き通す意志の強さみたいな物を感じます。「設定は、コマンドラインでやってくださいね。設定ダイアログなんて軟弱な物はついて無いし付ける気もありませんから。文句がある方は、書面でお願いします。見るだけ見てあげますよ」ぐらいの勢いです。設定なんですが、アイコンを表示させたり、ソートの仕方を設定したり、XP風のウィンドウにしたり結構いろんな事が出来ます。付属のShortPopUp.htmにずらーっと書かれているので、カスタマーイズしたい人は熟読の事。

続いて私が思いついた便利な利用法を紹介します。ShortPopUpは実行ファイルのあるフォルダ以下をランチャに登録できるわけです。考え方を変えれば、元々ファイルやらショートカットやらがあるフォルダにShortPopUpの実行ファイルをぶち込んでもいいわけですよ。例えばFavoritesフォルダにShortPopUpの実行ファイルを置けば、IEを起動しなくてもお気に入りが使えます。私は、独自ブックマークのタブブラウザを使ってるので、IEのお気に入りを使いたいときにとっても便利。例えばCドライブの直下に置けば、SbFolder風にメニューをたどってファイルにアクセスできます。(フォルダのショートカットを階層化して表示する機能を使ってもいいです)「実行ファイルのあるフォルダ以下をランチャに登録」この性質のおかげで、幅の広い利用が可能です。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2005/06/23 )

その他スクリーンショット

XP風
XP風
1 :  さん 返信 掲載日:2007/03/23 おすすめ度:
おすすめ度

設定はShorter Launcher(ShorterIniBuilder無し)に比べれば随分楽かと。単に表示させるだけなら非常に簡単ですしね。ヘルプの日本語版が無い為、コマンドラインは英語を読み解かなければいけませんが。

ただ、これは自分の環境だけかもしれませんが……異常な程起動がもっさりとしています。しかも表示されると、他のアプリケーションにフォーカスを移しても表示されたまま。デスクトップの表示をすると消えるのですが……Explorerにフォーカスが移ると消えるのかな?自分はマイコンピュータやコントロールパネル、ごみ箱等の特殊なフォルダのショートカットファイルを使っているのですが、このランチャーの場合そのショートカットが非常に有効に使えると思います。

コメント

公式サイト : www.digitallis.co.uk