林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

gTranslateの紹介

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

gTranslate gTranslate [海外]

文字列を選択しての右クリックから翻訳出来るFirefoxアドオン

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: Pau Tomàs, Pierre Bertet, Éric Lemoine
動作環境: XP/Vista/7/8
公式サイト:

文字列を選択しての右クリックから翻訳出来るFirefoxアドオンです。ブラウジングしている最中にちょっと何言ってるかわかりませんねって単語に遭遇したら、選択して右クリック、そこにはもう日本語訳が準備されています。なにも難しい事はありません。全然怖くないよ。翻訳は、英語→日本語はもちろん、日本語→英語も可能です。というか、イディッシュ語からマケドニア語への翻訳だって、ガリシア語からアフリカーンス語でもOK。そう、イディッシュですか、なるほど、それからアフリカーンスねー、そうかー、助かるワー、アフリカーンス。

対応言語は、英語、日本語、韓国語、中国語、フランス語、ロシア語、イタリア、イディッシュ、マケドニア、ガリシア、アフリカーンス、エトセトラエトセトラ、なんだこの言語の対応数は。とか思ったらそれもそのはずGoogle翻訳を利用しているようです。だから"g"Translateというわけね。翻訳した語をクリックするとGoogle翻訳のページに遷移出来ます。長文は翻訳文が全部表示されませんので、Google翻訳に飛んだ方がいい。Google翻訳のページなら発音も聞けたりするので、お姉さんの声が聞きたくなった時も飛ばざるえない。

Google翻訳を使っているというのが良いですね。とてもよい判断だと思います。出たての頃のGoogle翻訳といえば面白い翻訳製造マシーンなイメージだったのですが、最近の翻訳精度向上は本当にめざましい。かなりそれっぽくそれらしく訳してくれます。前述の読み上げ機能もあるし、単語をクリックすれば他の単語の候補が出たりと至れり尽くせり。私は長らくExcite翻訳ラヴだったのですが、うっかり乗り換えてしまった。だって、だって、仕方が無いじゃない。

いやー、便利。私のイングリッシュライフが劇的に変わるぐらいのインパクトがあった。とにかく簡単に翻訳が出来るものだから、英文を読むときはとにかくgTranslateにおんぶにだっこ。ただ、英語が堪能な方にどうしたら英語が出来るようになるか聞いたことがあるのですが、こういったすぐに翻訳出来るツールは、愚の愚だって言ってた。わからなくてもなんとか自分で類推して読まないといつまでたっても読めるようにはならないと。うぇえええ。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2012/03/10 )

デモ動画

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

1 : qRQQMp : 2012/03/14 (水) 20:10:07 返信
Chromeにもこんな感じの拡張があったらいいのに。知っている人がいたら情報お願いします。
2 : MRQQMp : 2012/03/14 (水) 20:13:38 返信
と思って探したら似たようなものがありました。Translate selection。全く同じというわけではありませんが、Chrome使いの方はお試しあれ。
3 : q4jtsH : 2012/03/14 (水) 23:52:06 返信
試しに導入してみたけどなかなか便利。というよりGoogle翻訳が便利。日英だけでなく露独仏中韓何でもいける。

公式サイト : gTranslate :: Add-ons for Firefox