林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

X-Finderの紹介

X-Finder X-Finder

カスタマイズが爆発している二画面+タブなファイラー

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4.25点 / 4件 )
著作権者:
動作環境: XP/Vista/7
公式サイト:

あーやめたやめた、もう決めた。もう諦めましたよ私は。見栄を張るのはやめた。X-Finderを理解する事は諦めた。どだい無理だったのですよ。だって私「エクスプローラーと♪ タスクバーだけが友達さ~♪」なんですもの。普段エクスプローラーしか使わないんですもの。エクスプローラーを沢山立ち上げてタスクバーで切り替えているんですもの。そんな私がX-Finderさんと仲良くなろうなんておこがましい。存在は5~6年前から知っていたのですが、その劣等感から紹介できずにいた。でもやめた。もう上澄みだけをペろっと舐めただけのぺらい紹介文を書いてやる。

ツリービュー+二画面+タブという画面構成です。二画面構成ですがテキストベースでキーボード以外お断りタイプではなく普通にマウスでも操作可能なタイプです。これはいい。画面毎に独自のタブを持てるので複数のディレクトリを行ったり来たりする際には重宝します。ホイールクリックでタブが閉じたり、ホイールでタブを切り替えられたりとタブブラウザ準拠な操作はすんなり使えて便利。
マウスジェスチャを搭載しています。ありとあらゆる操作にジェスチャを割り当て可能。マウスの軌跡がちゃんと表示されます。私は軌跡がちゃんと表示されないと安心出来ない人間なのですよ。
目的のファイルに簡単にアクセスするためにインクリメンタルサーチが可能です。フォルダを開いた状態で、英数字をタイプすると該当するファイルにフォーカスが移ります。ただエクスプローラーの名誉のために書いておきますが実はこの機能エクスプローラーでも使えますよ! 試してみてください。実はエクスプローラーだってやれば出来る子なんですよ。
話をそらした事をお詫びします。X-Finderはフィルタリングも出来る。アドレスバーに「hoge*」とタイプすればhogeから始まるファイルのみを表示し、「*.jpg」と打てば拡張子がjpgのファイルのみを表示出来ます。正規表現も使えます。スラッシュで囲めば正規表現扱いになります。「/[1-9]+/」とか入れれば数字を含むファイルが抽出出来る。あまり複雑な正規表現は向かないかも。そんな事している間に普通に探した方が速いってなってしまうので、シンプルな奴の方がフィットしそう。

X-Finderのもっとも特徴的な点は「カスタマイズは爆発だ」なところです。カスタマイズが大爆発して吹き飛んでいて、ぱっとみた感じありとあらゆる項目を設定しかねない勢いです。でも私はこれは駄目だと思う。私は認めない。だって何していいか、わからないんですもの。独自関連付けをやろうと思ったんですよ。X-Finderだけで有効になる関連付けです。そこで、ツール → 関連付け と選択しました。そうしたら、何かのリストらしきものが新規タブとして表示された。説明は見あたらない。えーと、あれ、私はどうしたら? 方々検索してまわって15分ぐらいかかって設定しました。どうも新規にアイテムをここに作って、そのアイテムのプロパティ画面のパス欄に関連付けたいプログラムのフルパスを、拡張欄に関連付ける拡張子(例えば「*.jpg」)を、動作欄の「パスを選択項目に送る」を選択するらしい。私なんてこれはググらないと一生関連付けを設定出来なかった自信があります。この関連付けは複数関連付けて実行時に選択出来たりかなり便利なのですがなにせ設定が複雑。後で知ったのですが、この設定方法はX-Finderのランチャと呼ばれる仕組みで、他の場面でも同一インターフェースで設定を行います。その共通の仕組みが煩雑で難しいのが悲しい。他の設定画面も、このチェックで何が起きるのか、この欄には何を入力すればいいのか全くわからない事が頻発。いや、わかるんですよ、X-Finderさんがちゃきちゃきの硬派なのはわかるのです。でももう少し柔らかくても罰は当たらないのではないかとも思うのです。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2011/04/21 )

4 :  さん 返信 掲載日:2011/05/09 おすすめ度:
おすすめ度

おそらくは、自分が最も長く使用しているソフトで、かつPC使用時に最も触る機会の多いソフトです。
それくらい自分の中では代用の効かないものとなっています。

もっとも、導入当初は色々と苦戦したのも事実で、
設定に不自由しなくなった今でも、片手にヘルプは欠かせません。

ほとんどの設定をランチャと呼ばれる項目を用いて行いますが、
初心者には取っ付きづらい反面、慣れてくればこれ程効率的な設定方法は無いんじゃないかと思う程、利便性に優れています。

独自関連付け、独自右クリック、キーカスタマイズ、マウスジェスチャ、フォルダごとの表示形式などなど、
エクスプローラにはない多くの機能が「ランチャ」によって実現されています。

惜しむらくはソフトとしての安定性で、自分はほとんど遭遇しないまでも、少なくない不具合報告が見られます。
ただ、それを差し引いても、5つ星のとても良いソフトだと思います。

導入当初は、すぐに難しい事に挑戦しようとせず、まずは解説サイト(備忘録など)のランチャをまるまるコピペしてみたり、
関連付けや右クリックに、アプリケーションのパスを登録するだけでも便利に使えると思いますよ。

3 :  さん 返信 掲載日:2011/04/26 おすすめ度:
おすすめ度

大まかに言うと「エクスプローラにタブが付いて画面を2分割できるソフト」なのですが、ユーザーの「こんなことができたら便利だな」という要望が内部機能に次々と盛り込まれ続け、基本的な機能に加えて、様々な独自機能を搭載しています。
このソフトのいいところはそれらの膨大な機能を自分で取捨選択できることで、自分好みの挙動、外観に細かなところまでカスタマイズ可能なため、手を加えるたびに(自分にとっての)理想の状態に近づいていきます。
カスタマイズの基本的な仕組みが少々特殊なため、一見さんお断りっぽくなっているところがありますが、解説サイト等を参考に少しずつ手を加えていけば誰にでもある程度は弄くれると思います。
食わず嫌いで終わらせるのは非常にもったいないソフトです。膨大なファイルの管理に頭を悩ませている人に特にお勧めします。

2 :  さん 返信 掲載日:2011/04/25 おすすめ度:
おすすめ度

出来ることが多すぎるっていうのも困り物・・・なんでしょうか。
私はもう手放せないぐらいカスタマイズしてしまいましたが、
最初に使ってみたときは、そんなに難しいソフトとまでは思いませんでした。
初期設定でもある程度、というかかなり、便利かつ使いやすい機能になっているので
初めてファイラー使います!って人でも困惑することはないと思います。
ただ、初めてカスタマイズします!って人は最低でも最初の10分は苦い思いをすると思います。
解説サイトやWikiが十分にあるので参考に、というか頼りきって下さい。

お勧めは右クリックメニューのカスタマイズです。
ファイルの拡張子によって、Aのソフトで開くとかBのソフトへドラッグ&ドロップとか、
あるいはファイル関係無しに起動するランチャとして登録するとか色々できます。
それとツールバーも好き放題できるので、ごみ箱を空にするソフトを
ツールバーに登録して1クリックで実行するだとか、
はたまたメモ帳を登録してファイルをD&Dで開いたりだとか。
ファイラーの便利さ6、カスタマイズの奥深さ4、いや5、いや6って感じのソフトです。

コメント

公式サイト : ファイルブラウザ・X-Finder