林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

wri.peの紹介

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

wri.pe wri.pe

マークダウンエディタでメモを書くことが出来るシンプルなオンラインメモサービス

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: masuidrive
動作環境: WEBアプリ
公式サイト:

WEBベースのオンラインメモサービスです。ブラウザさえあればどういった環境からでも同じメモを参照出来る。つまりEvernoteの競合サービスというわけです。オンラインメモサービス業界では、Evernoteがもう圧倒的過ぎてそそり立つ壁状態。そこにあえてぶち当たっていく勇気を褒め称えたい。いいぞ負けるな超頑張れ。

とは言ってもです。正面からぶち当たったのでは勝ち目はないでしょう。Evernoteと同じことをやって劣化コピーしたところで「じゃあ、Evernote使えばいいじゃん」と言われるのがオチです。同じオンラインメモサービスでも少し角度を変えないとね。では wri.pe はどの角度で攻めるのか? 公式サイトにこのような文言がありました。「ノートを取りたいだけなのに、複雑なアプリにうんざりしていませんか? そんなあなたのために wri.pe があります。私たちは、シンプルであることにフォーカスしています。」なるほど、なるほどシンプルですか。ふーんシンプルね。私シンプルという言葉が大嫌いです。反吐が出る! ソフトを形容する上でシンプルは、大変使いやすいので使いたくなる気持ちはわかります。私は林檎の木で幾度となく使って来ました。便利だから使うけれども、愛してはいないのです。機能が少ない事への言い訳として使われる事が多すぎると思うのです。違うのよ、機能が少なくてしょぼいソフトウェアはシンプルじゃないのよ。それは単に機能が少なくてしょぼいソフトウェアだ。私の思うシンプルとは、たったひとつの目的が簡単に達成出来ること。Googleのトップページをみてください。彼らは、フリーワードでもって世界中のあらゆる情報へアクセスさせるためにあのインターフェースを選択しました。テキストボックスが真ん中にドーン。もうキーワードを入力せざるを得ない。シンプルで美しい。Googleはシンプルですが、機能が少ないなんて事はない、頭のいいサジェスト、もしかして機能、高度なランキングアルゴリズム、あの検索窓にはありとあらゆる技術がつまっている。Googleは正しい意味でシンプルです。そして wri.pe も正しい意味でシンプルという単語を使っているように思う。

wri.pe がどうシンプルなのか見ていきましょう。wri.pe とはのトップページに行くと、FacebookかGithubのアカウントを使ってログインします。ログインしたら、+アイコンで新しいノートを作成してメモをとる、保存ボタンを押してメモを保存、検索機能もある。ここまでは普通ですね。どこにでもあるオンラインメモソフト。でもよくよく観察すると普通じゃないのです。メモはすべてマークダウン記法で書きます。マークダウン記法にも対応ではなく、マークダウンのみに対応しています。マークダウン記法とは、文章を記述するための軽量マークアップ言語。例えば "**bold**" こんな風にアスタリスク2つで文字を囲うと太文字になるというようなもの。マークダウン記法はそれこそ飛ぶ鳥を落とす勢いで普及が進んでいます。特に技術系の人に人気が高いイメージ。また、キーボードショートカットを完全サポート。基本的にキーボードから手を離さないですべての操作が行えます。メモのエクスポート系の機能が大充実しています。Evernoteにメモを同期したり、Dropboxへのバックアップ書き出し、テキスト形式での全メモのダウンロードまで出来る。ここまでみて、wri.pe がどうシンプルなのかがわかってきました。wri.pe は当然マークダウンが書けて、マウスを触る事を拒絶するようなコンピューターリテラシーの高い人が快適にメモを取る事に特化したシンプルなオンラインメモサービスです。彼らは一つのサービスにロックインされることを(多分)極度に嫌いますから出力方法が豊富なのはプラスといえます。今思うとログイン時の認証にはあまり見かけないGithubがあったのも納得。ギークなら普通Githubのアカウントは持っています。サービスの方向性に一貫性を感じる。

さて wri.pe とはGeek向けのシンプルなオンラインメモサービスであるという結論が今まさに出たところなのですが、実は私その結論に納得していないのです。もやっとしている。メモはマークダウン記法で書くと先ほど書きました。wri.pe のメモ編集画面は左に素のマークダウン、右にそのマークダウンをHTMLに変換したプレビュー画面が表示されます。これがかなりいいのです。プレビューへの反映が早くて気持ちがいい。マークダウンって同じ見出しでも複数の表現の仕方があったりと、結構ワヤクチャな事になっています。その多彩な表現方法にも wri.pe のマークダウンエディタはちゃんと対応している。Markdownリファレンス←ここにある様々なマークダウンのシンタックスを片っ端から入れてみましたが、ちゃんと期待通りの表示になるのです。素晴らしい。
Windowsってマークダウンエディタの決定版的なのが無いんですよねー。みんなマークダウン書くときどうしているのだろう。素のマークダウンを見ると脳内でHTMLに変換出来たりするのだろうか。それともギークはWindowsをそもそも使わないとか。そんなWindowsユーザーのマークダウンエディタという需要に wri.pe は答えられるんじゃないかと思っている。というわけで wri.pe とはGeek向けのシンプルなオンラインメモサービス(マークダウンエディタとしてもいける)です。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2016/03/23 )

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

公式サイト : wri.pe - simple and smart notepad