林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

Evernoteの紹介

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

Evernote Evernote [海外]

オンライン共有型のメモ帳ソフトです。あらゆる環境からアクセス可能。

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: 広告ウェア
おすすめ度:
3.83点 / 6件 )
著作権者: Evernote Corporation.
動作環境: XP/Vista/7/8
公式サイト:

オンライン共有型のメモ帳ソフトです。メモを書くとオンラインにアップロードされあらゆる環境から引き出しが可能になるというコンセプトです。 テキスト以外にも画像、音楽ファイル、PDFなんかも共有出来ます。 Windowsにもクライアントソフトが用意されていて、今回の紹介文はWindows版がメインです。

ぱっと見メーラーのようなインターフェースで、左のペインにメールで言うメールボックスに相当するNotebookやタグなんかの一覧、 右上のペインでメモの一覧、右下のペインでメモの内容を表示したり編集したりします。 まあ良くあるタイプのソフトだよねとか思っていたら、よくあるタイプで甘んじているソフトじゃなかった。 なんていうか思いやりが詰まっている。快適にメモをとって欲しいという思いがひしひし伝わってくる。 例えば右下のペインに注目。メモの内容を表示していますがこれ一つのメモを表示しているだけではないんです。 メモを縦に連結したようになっていてスクロールすれば、次のメモ、次のメモと表示される。 いちいちメモをクリックしなくてもドンドン表示されるので、書きためたメモの流し読みが快適。 メモの一つ一つにタグを付けられるので、タグを指定してメモを絞り込む事が出来ます。 左のペインの「Attributes」からメモの作成日時や更新日時でメモを絞り込んで表示する事も可能。 検索も当然出来る。これらの機能で大量に溜まっているメモを全力でアクセスしやすくしているわけです。

Evernoteは、文章以外も共有可能です。画像、音楽、PDFを共有したい場合は、 Evernoteのウィンドウに向けてドラッグ&ドロップしてあげればOK。新規にメモが作成され画像やら音楽やらが貼り付けられます。 メモ本文中への張り付けも可能で、貼り付けたい時は編集画面を開いてからドラッグ&ドロップしてください。 ただ、Evernoteに保存出来る容量は無料版だと40MBまでです。画像や音楽を共有するには少々心許ない容量。 本気で画像や音楽を共有したい人は、5$/月 を払ってプレミアム会員になりましょう。容量が500MBまで使用可能になります。

Evernoteを使う上で是非入れておく事がおすすめなのが「Web clipper」です。Firefoxを使っている人はアドオン版を、 その他のブラウザの人はbookmarkletを使ってください。いずれも公式サイトからダウンロード可能です。 これを使うとですね。EvernoteがただのメモソフトからWEBクリップも可能なメモソフトにパワーアップします。 ネットで気になるページを文章を見つけたら、文章を選択してアドオン版なら右クリックで「Add to Evernote」を選択。 bookmarkletなら選択した状態でお気に入りからbookmarkletをクリック。 これで、Evernoteに選択した範囲のテキストを含むメモが新規作成されます。 しかもそのページのURLも追加されるので後から元のページを参照する事も容易です。 これはちょっと癖になりそうですよ。私は、気になったらポイポイEvernoteに投げて、後で読むという使いか方をしています。

さてEvernoteを語る上で忘れてはならない事があります。それはEvernoteが単なるWindowsのソフトウェアでは無いという事です。 確かにWindows版のクライアントソフトもEvernoteの一部ですが全てではありません。 Evernoteは考え得る限りの環境でEvernoteのメモにアクセス出来るようになっています。 例えば、Evernoteのクライアントソフトは、Windows、Mac OS、iPhone、BlackBerry、Palm Pre、Windows Mobileと用意されています。 Windows版のクライアントソフトからはUSBメモリへインストールする事も可能。 WEB版も用意されているので、ブラウザさえあればどこからでもアクセス可能。 しかもこのWEB版携帯でアクセスするとちゃんと携帯用ページに飛ばしてくれるので、クライアントソフトを入れなくても携帯から使える。 アドオン・bookmarkletからメモの追加が可能。 特定のメールに送るとその本文をメモとして保存する機能有り(メールアドレスはブラウザからログインして「Settings」をクリックすると確認出来ます)。 これらのソフトウェア群を全部ひっくるめたものがEvernoteです。なんだこの壮大なスケールは、ちびりそう。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2009/08/29 )

6 :  さん 返信 掲載日:2010/10/08 おすすめ度:
おすすめ度

・ソフト自体は結構メモリを使います
100Mほど食うので、他の作業の邪魔になることがあります
・なので起動に時間かかります
メモる時だけ気軽に起動、といった使い方は向いていません
・ボタンやバーなどの表示部分が大きいです
肝心のメモ欄が最大化しても若干狭いぐらいで、長い文章やページに見辛さがあります


・肝心のタグ仕分けでは、タグを付けるのが大変
まとめてタグを付けるのに右クリ→タグ→チェック→OKと4つも手順が必要なので
多くのファイルを処理しようとするとかなり大変です
さらにタグが多くなってくると付けたいタグ項目を探すのも一苦労
・タグの絞り込み検索が出来ません
「料理」「あとで」等2つのタグを検索しようとすると
本文やタイトルからも検索されてしまうので、だんだんと誤爆が多くなってきます


まあ、ENの真骨頂はそんな所でなく、情報端末によってどこでもメモ/閲覧が出来るという点でしょう
これらの性能的な面も、端末ごとに機能に差異を持たせないためだと思います
革新的な機能ですが、i-modeぐらいしか使わない私にはあまり関係なく
メモ・スクラップソフトとしては「気軽さ」の面で魅力を感じませんでした

5 :  さん 返信 掲載日:2010/07/06 おすすめ度:
おすすめ度

日本語版が提供されたので、使ってみました。
ノートって、こまめに整理する人から、適当に書き込む人まで、人によってずいぶん使い方が違いますよね。
Evernoteも、いろいろな使い方が書籍などで紹介されていますが、要は自分の好きに使えばいいと思います。
何たって、ノートなんですから。

有料版にすると、Officeドキュメントや動画もアップできますが、無料版でもWebスクラップブックとして使うには十分だと思います。
また40MBの制限ですが、これは月々アップロードできる容量が40MBというだけで、実際には40MB以上使えます。

4 :  さん 返信 掲載日:2010/04/28 おすすめ度:
おすすめ度

DropBoxですか?
OneNoteのライバル的アプリだという認識なので、Ver.3以降は自動カテゴライズ、横断検索機能、自作可能なテンプレートなど、とても重宝していた機能の多くが削られてしまい使えないソフトになってしまったと印象です。
またイチイチ、オンラインアカウントにアクセスしないと使えなくなった点も不満です。
私も論文用に集めた資料の管理にこのソフトを使っていますが、こういう重要な資料をオンラインストレージに保存するのは未だ抵抗があります。
確かに私自身達にとってGoogleのオンラインツールは不可欠で、これらに資料を保存して問題が起こったという話は聞いた事がありませんが、その可能性はゼロではないでしょう?(それが怖くてGoogle Notebookの代わりとして使い始めたんですが…。)
とりあえず代用品としてはFirefoxの「Zotero」に期待しています。
引用文献リスト作成用として有名なアドオンですが、資料の管理にもとても役立ちます。
何より、EverNoteではVer.3以降では削られた多くの便利機能を備えて(パクって?)います。
ちなみにオンラインストレージサービスも提供しているようですし、それこそDropBoxとのシンクも簡単です。

コメント

1 : 8l6zgmD. : 2011/05/12 (木) 10:19:14 返信
デスクトップ版は動作が重いが、Google Chromeなどブラウザベースで動作させると速い。[antarespc.com]
2 : 8Jwqyw : 2016/07/17 (日) 23:28:07 返信
Evernoteは無料版に大きな制限がかかりました

公式サイト : Remember Everything. | Evernote Corporation