林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

xrecodeⅡの紹介

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

xrecodeⅡ xrecodeⅡ

音楽ファイル形式の相互変換が可能なオーディオコンバーター。動画からも変換可

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: シェアウェア US$ 15
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: Xrecode
動作環境: XP/Vista/7
公式サイト:

まずこのソフトがどんなシチュエーションで活躍するかについて。「MP3とかないわー非可逆でデータが失われるとかないわー聞けたもんじゃないわー」と主張しながらCDは全部可逆形式のFLACでエンコードしていたけど、扱い易いMP3に全部変換したい。聞ければいいの。あの頃は若かったなーといった方。もしくは「Windowsに言われるがままにCDを取り込んでいたら .wma ってMP3ファイルが出来たんだけど?」といったシチュエーションで大活躍。音楽ファイル形式の相互変換が可能なオーディオコンバーターです。複数ファイルの一括変換もなんのその。マルチコアに対応しているので変換は神速。あなたも明日と言わず今日からハッピーオーディオコンバートライフ。

期せずして例で両方ともMP3に変換しそうなものをチョイスしてしまったのですが、別にMP3じゃなくても大丈夫。MP3/OGG/FLAC/APE/WAVとその他たくさんの形式へ変換出来ます。入力可能な形式は、MP3/OGG/FLAC/APE/WAVとあとたくさんの形式に対応。入力可能な形式は音楽ファイルにとどまらず動画でもいい。AVI/MKV/FLV/WMVなどいっぱいの形式から、音だけを抽出して各種音楽ファイルに変換出来ます。動画から音声の抽出が簡単に出来るというわけ。リッピング機能もくっついているので、CDから取り込みつつ音楽ファイルへのエンコードも可能です。
変換するついでに色々な処理を行えます。例えば、音量の正規化。変換時に音量をそろえて一曲だけやたら音が小さいといった現象を回避出来る。テンポを変更したり、モノラルに変換したりも。あとタグ埋め。変換時にタグを変更出来るし、CDの場合はトラックの情報をCDDBから取得出来ます。好きな画像をカバーアートとしてファイルに埋め込める。

インターフェースが好み。体をいっぱいで使い方を主張しているところがいい。だって見てくださいよ、いかにもドラッグ&ドロップして欲しそうなエリアが一番上にあるじゃないですか。そこにファイルを落とすと、今度は下の音楽ファイル形式の一覧が目に入ってくる。あ、もしかして形式選んだ方がいいですか?じゃあOGGで。そんでもって開始ボタンを押せばミッションコンプリートですよ。上から下へ流れるようなインターフェースに身を任せればよろしい。結構込み入った事も実は可能なのですが、その辺りの難しそうな設定項目は目立たない場所に、妙に隠されています。海外のソフトですが、ちゃんと日本語化されている点もポイント高い。ハッピー。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2012/02/23 )

備 考

xrecodeⅡはシェアウェアで起動時に購入を促すウィンドウが表示されます。ただ特に制限はかかっていないようです。

デモ動画

その他スクリーンショット

設定画面
設定画面

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

公式サイト : xrecode.com