林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

UltraDefragの紹介

UltraDefrag UltraDefrag [海外]

MFT領域のデフラグ、ブートタイムデフラグが特長のデフラグソフト

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: UltraDefrag Development Team.
動作環境: XP/Vista/7
公式サイト:

かっこいいソフトですね。私はかっくいいと思いますよ。デフラグというある種地味な領域のソフトで、しかも味も素っ気もない無骨な見た目で、デフラグ系ソフトの中ですら地味子ちゃんなのです。でもこの子はしれっと難しそうな事をこなすのです。「こともなげにやった今のってもしかして……」

基本のデフラグの種類は三種類「断片化ファイルのデフラグ」「迅速に最適化する」「完全に最適化する」実行する速度と最適化のトレードオフと思ってください。前の方がより速く、後ろに行くほど強く最適化がかかります。ここで言う最適化とはHDDの外周再配置の事。HDDはディスクの外周の方が高速にアクセス出来るので、外周にキュっとファイルを寄せてくれるというわけです。UltraDefragは実はこれの他に「MFTの最適化」というモードが付いています。MFTというのは、どうやらマスター・ファイル・テーブルの略でWindowsのファイルシステムであるNTFSがファイル管理の情報を格納する領域みたい。普通は触れる事の出来ないアンタッチャブルなゾーン。そんなディープな所すらUltraDefragはデフラグしてしまう。UltraDefragは見逃さない。かっこいい。

MFT領域のデフラグと並んでUltraDefragの白眉と言える機能がブートタイムデフラグです。名前からして一味違う。ブートタイムデフラグを有効にしておくと、Windows起動時に、つまりブートタイムにデフラグを実行します(一度有効にしてしまうと毎回実行されるので注意)。Windowsが完全に起動する前にUltraDefragが間に割り込んでデフラグしてしまうのです。Windowsが余計な事を始めるその前に。でもWindows的なGUIアプリケーションなんかじゃありません。何というかBIOS風の、もっとこうコマンドプロンプト的な画面で、カッチカッチとデフラグる。いい、凄くいい。とてもローレベル感が表現出来ていて、なにかどえらい事を成し遂げた満足感があります。いやー今日もデフラグってしまったな。

最大の効率でデフラグを実行するためか、32ビットOS用(i386)、64ビットOS用(amd64)、64ビットOS用(ia64)の三種類のバージョンが用意されています。なんだかよく分からない人はi386というファイル名の奴、32ビットOSを使っている人はi386、64ビットOSを使っている人はamd64をダウンロードしてください。64ビットOS用(ia64)はIA-64アーキテクチャ用でItaniumというサーバーでしか使われていないようなCPUのための物なので普通は使う事はないと思います。。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2012/03/28 )

デモ動画

その他スクリーンショット

ブートタイムデフラグ
ブートタイムデフラグ

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

1 : dVM8h : 2012/03/28 (水) 02:14:02 返信
なんかどっかで見た事あるような・・・、まぁこのシンプルな見た目が大変スタイリッシュなので、気にしない気にしない♪
2 : YThqhA : 2012/03/28 (水) 08:28:58 返信
久しぶりに新記事キター!

公式サイト : UltraDefrag - An Open Source Defragmenter