林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

eTilTranの紹介

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

eTilTran eTilTran

コミック、小説の自炊時の一括自動傾き補正ツール。位置修正、トリミング、ヒストグラム変更も

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: No.722
動作環境: Vista/7/8
公式サイト:

木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。頬にあたる風もやわらかく心地良い。こんなよい季節にはあれですね、自炊とかしたくなってきますね。本を電子化するという意味での自炊。
電子書籍の時代が始まったという感こそあれ、日本においてはまだまだ黎明期と言えるでしょう。インターネットで例えるならばちょうどダイヤルアップの頃でしょうか。新しいもの好きのアーリーアダプターしかいない、不便、コンテンツも少ない。無かったら自分で作らないといけない。電子書籍もまさにそんな状況で、キンドルストアのラインナップはまだまだ足りない。むしろ電子版が用意されているとびっくりするレベル。これからラインナップが増えていく事は疑いようもありませんが、電子書籍が成熟するまでの間は個人個人で電子化を行う自炊は、自炊は常に必要とされ続けるでしょう。自炊は永遠です、あと何年かは。

eTilTranは自炊時にどうしても発生する画像の傾きに特化した一括補正ツールです。ただ私自炊は無理なんですよ。生理的に無理。だってあれ本を裁断するわけでしょう? そんな業の深い事なんてしたら私は緑色の泡になって消滅してしまいますよ。そもそもScanSnapはおろか、普通のスキャナすら持っていません。ただなんとかして気分だけでもそれらしく自炊をしなければ。アナログからデジタル変換する機器はデジカメぐらいしか持っていないのでこれでなんとかしましょう。これでアマゾン・キンドルを撮影して、それをもって自炊としましょう。せっかく電子化されている書籍をわざわざもう一度デジタル化するこの不毛さ、背徳感、ゾクゾクしますね。さてデジカメで撮影したデータを適当なフォルダに保存してeTilTranに読み込ませます。読み込みモードを指定できるので今回は、小説を撮影したので「小説優先」としました。これで画像が読み込まれ自動で傾きの補正がかかります。この画像は右に3度傾いているので補正といった風に自動で判別してくれます。ただ私が読み込ませた画像は、結構傾いているのですが全然自動補正してくれませんでした。なにキンドル読み込ませてるんだというeTilTranの無言の抵抗でしょうか。せっかくわざと自然な感じで傾かせたのに。仕方がないので自分で補正をするとしましょう。一枚一枚傾きを補正していきます。プレビュー画面を見ながら表示されるグリッド線を基準として調整します。画像が寄ってしまっている場合は、画像を位置を上下左右で微調整します。今回の場合、キンドルの黒枠が大写しになってしまっていたので合わせて、そこを切り取るためにトリミングをして解像度を一緒に変更しました。仕上げに画像のヒストグラムを調整して画質を整えます。全部調整出来たら右上の変換ボタンを押せば出力フォルダで指定した場所に変換後の画像が出力されます。

なるほどなるほど便利そうですね。一括補正を前提でインターフェースがデザインされているのがとてもいい。同じ作業を普通のレタッチソフトでやってみたのですが、これがあり得なくめんどくさい。開いて編集して保存して開いて編集して保存してどこまでやったか忘れて。あーもう。ここはeTilTranに任せましょう。みなさんの自炊のよき友となってくれる事でしょう。私のようなデジカメ自炊派に特におすすめ。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2013/04/13 )

その他スクリーンショット

変換前
変換前
変換後
変換後

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

1 : OsSMq9 : 2013/04/13 (土) 10:44:48 返信
eTilTranは自炊時にどうしも発生する
2 : Newton : 2013/04/13 (土) 15:37:05 返信
>>1 うい
3 : s9E5GH : 2013/04/14 (日) 17:37:51 返信
1984じゃねーか

公式サイト : No.722