林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

BTJ32の紹介

BTJ32 BTJ32

JPG/BMP/PNGで出力できるグラフィックコンバーター

メイン画面
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 2件 )
著作権者: 紅月 燐
動作環境: Vista
公式サイト:

画像の形式を変換するグラフィックコンバーターです。読み込み可能な形式はBMP/JPG/PNG/DIB/RLE/WMF/EMF/ICOの8種でSusieプラグインで拡張できます。出力可能な形式はBMP/JPG/PNGの3種類です。JPG形式ではスライドバーで圧縮後の画像とファイルサイズを確認しながら最適な圧縮率を選択できます。PNGは透過とインターレースに対応しています。複数の画像ファイルの形式を一括で別の形式に変換する機能を持っています。画像の形式の変換以外にもシャープやモザイクなどのフィルタ機能、回転・拡大縮小や色調補正などのフォトレタッチ機能を持っています。出力形式が3種類なのがさびしいですが、私はあとGIFぐらいしか使わないので十分です。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度
2 :  さん 返信 掲載日:2008/04/14 おすすめ度:
おすすめ度

YukariはAntiVirが警告を鳴らすので使っていません。
そんな自分が使っているのがこのBTJ32。
画像ファイルを大量に保存しているのなら、このソフトを使えばサイズが大幅に小さく出来ます。

jpgファイルの場合は100%から画質を調整出来るのですが、90〜80%なら100%との違いは殆ど分かりません。
pngやbmpはどちらも最適化でやっておけばいいでしょう。

若干ファイルにコメント情報が付加されるので、jpgファイルなら「JPEG Cleaner」を使えば約50Byteですが軽くなります。
そんな豆知識。

コメント

公式サイト : Vector