林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

Gestures for Chromeの紹介

Gestures for Chrome Gestures for Chrome

Google Chromeにマウスジェスチャー機能を追加。ホイール系の便利機能も搭載

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4点 / 1件 )
著作権者: @os0x
動作環境: XP/Vista/7/8
公式サイト:

いいね、いいね、思いの外いいね。マウスジェスチャー系ソフトとして生を受けたからには、あってしかるべきだよねって機能がみんなある。独自のジェスチャーを好きに登録して任意の機能を割り当てられる。斜めとか使わなければ基本的にどんなジェスチャーでも登録出来ます。マウスの右ボタンクリック、そのまま左ボタンクリックの奴に好きな機能を割り当てられる。左→右も出来るよ。まあ割り当てる機能は戻る、進むが無難でいいとは思います。ちなみにGestures for Chromeの設定画面では、この名前をそれぞれ「FlipBack」「FlipForward」となっているので気をつけて。スーパードラッグも出来ます。リンク上で左ボタンドラッグ「↓」で新タブでリンクを開いたり、文字を選択して左ボタンドラッグ「↓→」でGoogle検索にかけたり出来る。他にもスムーススクロールを有効にしたり、右クリック+ホイールでタブを切り替えたりとマウスジェスチャーそのものとは若干離れるけれど、マウスでの操作性向上系の脇の機能も付いています。

私が気に入ったのは、マウスジェスチャー入力時の動作。マウスの軌跡を描画してくれるのはよく見る機能だけど、Gestures for Chromeはそれに加えてブラウザ中央に入力中のジェスチャーを矢印アイコンで表示してくれます。イメージとしては格闘ゲームのトレーニングモードみたい。入力しているコマンドが丸わかり。これは楽しいかもしれない。

あとこのソフト国産です。ジェスチャー系ソフトって海外産の多いイメージだけど作者の方はネイティブ日本人のようです。なんだかんだと言っても安心感があるよね。マウスジェスチャー系ソフトならやる事は大体決まっているので、別に英語だろうが、エスペラント語だろうがフィーリングでなんとかなると思うので日本語インターフェースでなくてもいいと言えばいい。でも、だからと言って、そうは言っても、ほら、ねえ? エスペラント語よりやっぱり日本語じゃない。

最後にお名前について。私は冒頭に「思いの外いいね」とか失礼千万な発言をしています。名前からの勝手にちょっとだけ出来ない子をイメージしていたのです。私の思い違いからもわかるように、お名前が普通すぎな気が。この拡張の熱いビートを十分に表現出来ていないと思うのです。星の数ほどあるChromeの拡張たちの中で名前が原因で埋もれてしまわないかと私は、心配でなりません。もし私が命名するとしたら、そうですね……
「夜天の導き手」もしくは「オペレーション エンドレス ジェスチャー」といったところでしょうか。ああ、恐ろしい、自分の命名の才能が恐ろしい。命名にお悩みのオンラインソフトの作者さんがいらっしゃいましたら是非Newtonまでご連絡ください。不肖このわたくしめがキャッチーでハートにズキュンなナイスネーミングを付けて差し上げます。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2011/12/27 )

デモ動画

その他スクリーンショット

設定画面
設定画面

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

公式サイト : Chrome ウェブストア - Gestures for Chrome(TM)