林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

BunBackupの紹介

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

BunBackup BunBackup

ミラーリング、世代管理が可能な多機能バックアップソフト

メイン画像
メイン画像
メイン画像
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
3点 / 1件 )
著作権者: Nagatsuki
動作環境: XP/Vista/7/8
公式サイト:

バックアップなんてやりたくない。面倒である。やりたくないでござる。 もっともねもっともね私だっていっぱしの常識人ですから。ノーマルな人ですから。 バックアップが大切な事くらい重々承知しています。失ってからでは、遅いのです。 でも、どうあってもやりたく無いので、代わりにやってくださいBunBackupさん。

使い方は、どうあっても失いたくファイルの入っているフォルダを「バックアップ元フォルダ」に指定。 それをバックアップする先を「バックアップ先フォルダ」に指定します。それで、バックアップ開始フォルダをポチッればOK。 他にもバックアップしたいフォルダがあったらガンガン追加していくんだ。 これで、バックアップ先にどしどしファイルのコピーを作ってバックアップしてくれます。 なんかうまい具合にキャッシュを作成してくれるらしく、2回目以降のバックアップは変更のあるファイルのみ高速にコピーしてくれます。
自動バックアップを設定するのがお薦め。常駐して自動的にバックアップしてくれるので助かる。バックアップなんて余裕で忘れますから。 毎分、毎時、毎日、毎月とバックアップのタイミングは好きに指定出来ます。
注意して欲しいのは、バックアップ先は物理的に別のドライブにする事。 一つのHDDを、CドライブとDドライブの二つのパーティションに切っている時に、CからDにバックアップしても殆ど意味無いですよ。 そのHDDが逝去したらそこで試合終了です。外付けHDDとかUSBメモリとかなんでもいいので、別ドライブにしてね。

基本的な使い方は上記で全てなのですが、実はもっと高度な使い方も出来るよ。例えばミラーリングバックアップ。 バックアップ元で削除したファイルは、バックアップ先でも削除するというもので、ミラーリングを指定すると、 バックアップ元とバックアップ先が同じ状態に保たれます。他にもバックアップファイルを圧縮出来たり、 世代管理(変更があったら上書きでなく、古いのをとっておく)が出来たり、暗号化が出来たり実に多彩。 実はこの子結構器用なんです。

一つ設定方法で納得が行かない点があるのでぜひ書かせてください。さっきミラーリングやら世代管理やら書きましたが実はこれらの機能はデフォルトでは非表示になっています。 使いたい場合は、使いたい機能を個別に表示するように設定してからでないと使えない。これが私には気持ち悪い。 例えば、ミラーリングを使いたかったら

機能表示設定のミラーリングの横のチェックボックスにチェック

「この設定は表示/非表示を切り替えるだけです。設定は各機能を設定する場所で行ってください」というメッセージが出る。

バックアップの設定の所で、ミラーリングにチェックを入れる。

うーん、なんか迂遠な操作をさせられている感が。スマートでない。 機能ごとに表示・非表示を選べるのですが、これだと、ここで各機能の設定が出来ると勘違いしてしまいそうです。 予想通り間違える人が多いらしく、わざわざ表示・非表示の設定の後に「設定は各機能を設定する場所で行ってください」とメッセージを出しています。 このメッセージも違和感を感じる。「各機能を設定する場所」って言われても、それどこだよとか思った。 こんな面倒な事しないで「高度な機能を表示」ってチェックボックスが一つあれば良かったのでは。 機能の多さ故のごちゃごちゃ感を軽減したいと言う意図はわかるけど、これは違うんじゃ。もったいないな。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2009/08/07 )

その他スクリーンショット

機能表示設定
機能表示設定

ユーザーレビュー

まだユーザーレビューの投稿がありません。

レビューを投稿する
レビューを投稿する

コメント

公式サイト : Nagatsuki