林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

LhaForgeの紹介

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

LhaForge LhaForge

DLLの自動インストール可能。書庫内閲覧も可能。

書庫内閲覧
書庫内閲覧
書庫内閲覧
ライセンス: フリーソフト
おすすめ度:
4.29点 / 7件 )
著作権者: Claybird
動作環境: XP/Vista/7/8
公式サイト:

圧縮解凍ソフトってジャンルは、非常に保守的なジャンルになっていると思う。 ここから→成長→成熟→衰退→終了というサイクルの衰退に片足を突っ込んでいると思う。 2000年前半の圧縮解凍ソフトは熱かった。ポコポコ新しい圧縮解凍ソフトが出現して凄かった。 時は流れ現在は、新しい圧縮解凍ソフトのリリースはめっきり減って、もう今使ってる奴でいいんじゃねって空気がある気がする。 なんてったて、いまだにLhasaや+Lhacaといった大ベテランが幅をきかせてますから。 かく言う私も数年前のシェアウェア時代にレジストしたExplzhを使っています。 特に他の奴に変える動機が見あたらない。アドオンで機能拡張!とかタブで同時に圧縮ファイルを閲覧!とかやってもしょーがないでしょうし、他のソフトとの差別化が難いのも勢いが無い一因かもしれません。

そんな硬直してコッチンコッチンになったアーカイバ界に新風を吹き込むべく登場したのが今回のLhaForgeです。 なんと2005年登場というぶっちぎりの若々しさです。「結構たってるじゃん」という指摘は受付ますが無視します。 なんてったってLhasa御大将の生年月日は1994年7月1日ですから。Lhasaから見ればLhaForgeなんてクソガキもクソガキ、おしめが取れていないレベルです。

対応する形式はLZH/ZIP/7Z/CAB/TAR/GZ/BZ2/TGZ/TBZ/JAK/YZ1/HKI/BZA/GZA/ISH/UUEです。 統合アーカイバDLLを使用しています。余談ですがこの統合アーカイバについてどう紹介するべきかいつも悩みます。 統合アーカイバを使っていれば、みんなで同じものを使っているわけで枯れてて安心だし対応形式も多い気がする。 一方、統合アーカイバを使用しないで、自前で圧縮解凍をするソフトはいちいちDLLをインストールする必要が無くて楽。 どっちも一長一短なんですよね。でも私は極力短所より長所を、醜さより美しさを紹介するように心がけているので今回もメリットを誇張して短所は黙殺する事にしましょう。 ええ、そうなんですよみんな大好き統合アーカイバを利用するタイプなんですよ。もう最高。統合アーカイバってだけでご飯三杯はいけます。

その統合アーカイバDLLのインストールはインストール時に自動でダウンロードしてくれます。 定期的に更新を確認するように設定する事も可能。 「へーDLLの自動インストールなんてNoahのcaldixみたいだな」とか思ってたら、なんか見覚えあるウィンドウが立ち上がりましたよ。 これまんま、caldixじゃないですか。パクリですかと鼻息荒く立ち上がったのですが、良くサイトを見たらcaldixを改造したLFCaldixが搭載されているとの事です。 そういう事でしたか、いやはや失礼しました。まあ、私はLhaForgeさんがパクるはずが無いって事は最初から確信してたんですけどね。本当です。

使ってみた印象としては、圧縮ファイルの閲覧が可能だしExplzhやLHAユーティリティ32と似たようなベクトルの、多機能指向です。 あとこれは後発の強みというものでしょうか機能の取捨選択がいい。書庫内閲覧はなんだかんだ言って便利だし、 右クリックメニューのカスタマイズも出来るし、右クリックドラッグしてドロップする時のメニューも弄れるし、 noobのために圧縮ファイルかそうでないかを自動判別してくれるショートカットをデスクトップに作れたりします。 インターフェースがごちゃごちゃしているとの声も聞こえますが、許容範囲内でしょう。Explzhなんてもっと酷い、ましな方かと思います。 以上の点からバランス感覚に優れたオールラウンダーと言えます。ただ、それが逆に心配です。 小さくまとまってしまっていやしないか?若い若いと書きましたがソフト自体は落ち着いちゃってる。 オンリーワンなLhaForgeにしか無い機能が欲しいですね。例えば、傍らにイルカのキャラクターを表示して「流行の7zで圧縮してはいかがでしょう?拡張子も.7zでかっこいいし」 とかしゃべるのはどうでしょう?もちろん私はそんなイルカは非表示にしますけどね。

管理人おすすめ度:

管理人おすすめ度

( 2008/12/10 )

その他スクリーンショット

設定画面
設定画面
DLL自動インストール
DLL自動インストール
7 :  さん 返信 掲載日:2012/01/20 おすすめ度:
おすすめ度

- ダブルクリックで一発解凍
- 二重フォルダの排除機能あり(必須)
- 今でも更新が続いてる

以上の三点のみに視点を絞り、Lhaplusから乗り換えました。
解凍時の設定にLhaplus似のフォルダ作成ルールがあるのが助かります。

私の場合は解凍のみの利用で、圧縮、閲覧、検査機能は利用していません。 *1
とはいえ、オールインワンで済むのは便利で良いと思います。

気になった点は以下の点。
- アイコンがイケてない。 *2
- デフォルトの右クリックメニューがちょっとごちゃごちゃしてる。 *3
- 設定項目はLhaplusと同程度か少しマシくらいの量。人によっては煩雑に感じるかもしれない。

*1 圧縮と閲覧は7-zipのファイルマネージャを使用。検査機能は未使用。
*2 設定メニューから簡単に変更可能。
*3 右クリックメニュー自体使ってないので問題なし。ちなみに、使う場合もメニューのカスタマイズは可能。


ひと通りの機能を揃えた上で、私のような解凍のみの利用でも設定が簡単。
総じて、利用者の希望に応じた機能を使いやすい懐の太いソフトだと感じました。

6 :  さん 返信 掲載日:2010/08/25 おすすめ度:
おすすめ度

これはすごい。アーカイバとしては今までで最高ランク。そのままでも十分だが、XacRett.DLLやNoahの拡張スクリプトのB2Eの使用で対応形式ははっきり言って無制限。

いいとこどりのソフトと言われればそれまでだが、自分が求めていたアーカイバはまさにこれ。オプションが少々煩雑だが、それを差し引いても満点つけられる出来。

5 :  さん 返信 掲載日:2010/06/19 おすすめ度:
おすすめ度

私の場合、圧縮ファイルを手に入れる経路は殆どがWebからのダウンロードです。で、圧縮ファイルの中をアプリケーションで覗くくらいなら、速攻で解凍してしまった方が便利だと考えてるタイプです。
そんな私には、

- 圧縮ファイルをダブルクリックで即解凍可能
- 解凍時の出力先を指定可能
- 正常に解凍された圧縮ファイルを自動的に削除(確認ダイアログを出さずに削除も可能)
- 解凍時、二重にはフォルダを作らない

などの機能を備えるLhaForgeはまさに理想のソフトです。今やブラウザの設定で圧縮ファイルへの対応はLhaForgeに関連付けているので、圧縮ファイルへのリンクをクリックしたらダウンロード完了後即解凍、予め指定したフォルダに出力されて非常に快適です。

ただ一つ、非ASCII文字の含まれるRARファイルの解凍に失敗することがあるのが惜しいところです。もっとも、これは使用しているDLLの問題かもしれませんが。

コメント

1 : QmVb5H : 2013/07/31 (水) 20:20:29 返信
CRCの一致しないファイルを含んだzipを解凍する際に、エラー時のみ結果を表示するにチェックを入れると解凍後にエラー結果が正常に表示されませんでした。なので圧縮解凍後は常に結果を表示するにチェックを入れて、failedが無いのを確認した方が良いと思います。
2 : yHJYO : 2015/01/09 (金) 08:58:06 返信
64ビットOS対応・4G以上の大容量対応・統合アーカイバ対応・現役開発中と伸びしろのあるソフトだと思います、コレ一本に乗り換えました。
3 : fiziYd : 2015/01/09 (金) 09:35:56 返信
そうなんだよねー。俺も長らくこれ一本。LFcaldixでアップデート楽ちん。

公式サイト : 泥巣