林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

2012年01月の林檎の日記

お知らせ:林檎の日記をブログに移行します

林檎の日記 2012年01月 の日記

2012-01-16 23:16:41森、日の出

私は、マンガ家の森薫さんが好きです。エマや乙嫁語りを書かれている方です。エマの最初の頃は、絵がお世辞にもお上手とは言えなかったのですが、その後メキメキどころかバキバキ音がするぐらいの上達をみせ、現在ではマンガの技法という面に置いては世界で五指に入るレベルの超絶技巧の域に達したと私が思っているぐらいの方です。メチャクチャ上手。書き込みの緻密さは人間業とは思えません。森薫さんの醸し出す空気感が大好きです。

でも今日は、森薫さんの話ではありません。笠井スイさんの「ジゼル・アラン」について。なんでも、森薫さんの作風と似ているらしいのです。というか酷似しているとか。いやいやいや、まったくどうしてこまったものだ。無理でしょ。あの森薫さんと同じ土俵で勝負してなんとかなるとでも? バカにしてやるために買ってきました。あああーああーーああああっ確かに似ている。何も知らずに若き日の森薫さんの作品ですって言われたら、ああそうですかって信じてしまいそうな程。これは120%影響を受けていますね。唯一の違いは一巻からすでにかなり上手な所。コラッ森薫さんは最初はもっと下手だったぞ。見習ってください。

最初は、バカにするつもりで一巻を買ったのですが、そんな気分がしぼんできた。二巻も買っちゃったし。確かに荒削りですね、そう感じました、絵もストーリーも。でも、キラリと光る物も感じた。これはいいと思うセリフやコマが点々とあるんです。なんか頑張って欲しいなー。その感性を磨いて欲しい。森薫のパクリとの声には「私は抽象派ならぬ森派だ」とでも言っておけばよろしい。枚数を重ねていけば絵も自然と笠井スイさん独自のものに少しずつ変わっていくでしょう。エマとほぼ同じ時代背景を取ってしまっているジゼル・アランはエマの二番煎じという評判は、どうしてもついて回るでしょうから、真価が問われるのは次の作品ですね。独自の境地に達する事が出来るのか、森薫と画風が似ている笠井スイで終わるのか。

ジゼル・アラン

2012-01-09 02:04:05スパマーとの戦い方

本サイトの他力本願型ニュースにて発生していたスパマーの封じ込めに今の所成功しているので、対策手法の共有を行わねばと義憤に駆られて筆を取りました。掲示板等のユーザー投稿式のサービスで同じような悩みを持っている人は多いはず。それもこれも後の世のため。
私の対決したスパマーは、週2、3回ぐらい偽物ブランド物サイトへのリンクと紹介文を張って去っていくというものでした。日本語の怪しさとIP情報から多分中華系の方。スパム対策のかいくぐり方の柔軟性からみて自動投稿ではなくて、手動でせっせと投稿していたと思います。最初に私がとった対策は以下です。

・IP制限
スパム投稿をしてきたIPに対して、サイト全体をアクセス禁止にした

・NGワード
スパムの本文によく登場した、それっぽい単語(激安など)をNGワードに設定。エラーメッセージは「使用出来ないワード"激安"が含まれます」

・NG URL
スパマーの偽物ブランド通販サイトのURLをNGに設定。エラーメッセージは、「使用出来ないURL"http://hoge.com/"が含まれます」

上記は気持ちのいいぐらいに全部効果がありませんでした。今思うとやってはいけない対策方法だった。IP制限は別のIPで投稿する事で回避されました。NGワードは、違う文言に言い換えられました。NG URLは短縮URLを使われる事で回避されました。私も回避されるたびに禁止IPやNGワードを追加して対応したのですが、完全にいたちごっこ。
この辺りで温厚な私も荒ぶってですね、本気で対策を行いました。テーマは「スパマーに何一つ情報を与えない」私は今まで、親切にもスパマーにどうして駄目なのかを教えてしまっていたのです。サイト全体でステータスコード403が返る事でアク禁しているIPを教えていて、エラーメッセージでどのワードが駄目なのかを教えていた。本気で行った対応は以下。

・IP制限
IP単体ではなくてサブネットを使って範囲でごそっとアク禁。whoisコマンドでそのIPが所属している範囲を調べて丸ごと規制。例えば「113.96.0.0/12」こんな風。この例だと100万IP程が規制の対象になります。中華系のIPなのでまあ多少スパマー以外を巻き込んでもいいかなと。あとサイト全体のアク禁ではなく、ニュース投稿時にIPチェックを行うように変更。サイトは普通に閲覧出来るけど投稿だけ出来ない。エラーメッセージは「スパムと判定されました

・NGワード
エラーメッセージだけ変更。エラーメッセージは「スパムと判定されました

・NG URL
短縮URL対策として、URLそのものだけではなく、そのURLのリダイレクト先も調べてNG URLではないかをチェック。この方法だとリダイレクトしないタイプの短縮URLは回避出来ないけどまあ仕方がない。エラーメッセージは「スパムと判定されました

これだけやったら黙りました。細かくリダイレクト先のチェックとかやっていますが、おそらく最も重要なのは、エラーメッセージを統一した所だと思います。どういったチェックにひっかかったのかを絶対に伝えない。今後新しいスパムチェック機能を導入しても当然「スパムと判定されました」と表示します。大切な事なのでもう一度「スパマーに何一つ情報を与えない」
最後にニコ生のNGシステムが凄かったのでご紹介します。ニコ生でNGワードを含むコメントを投稿しても、普通に投稿出来ます。ちゃんと画面にもコメントが流れて表示される。でも投稿出来た風に表示されるのは自分だけで、他の人から見ると投稿が見えないという仕組みになっています。全力で煽りを入れても他の人は見えないので完全スルー。他力本願型ニュースの場合スパム判定された事を伝えてしまっているのですが、スパム判定された事すら伝えないという極まったシステムです。スパマーは投稿出来ていると思っているわけですから、対策を行おうとも思わない。なんて美しい仕組み。

ファッキンスパマー

ちょっとどういう事ですか? えっ? えっ?いやいやおかしいでしょ。どうなっているのですか。私怒ってますよ。本当に。今日のNewtonさん怒ってますよ。どうして、だれも「今年は年賀状つくらないんですか?」って指摘してくれないの。Twitterでも、掲示板でも、口頭でもなんでもいいのに。毎年日記のネタで恒例で年賀状を作っていたのですが、一昨年はてっきり忘れてしまった。一昨年も誰も指摘しれくれなくて、去年も指摘を忘れるなんて! 決めた、もう周りは頼らない。

遅くなっても今から2012年分の年賀状作ればいいじゃないとおっしゃる方も居るでしょう。でもね、そんなの私のプライドが許さないのですよ。元旦に届かない年賀状なんて、節子それ年賀状やない、ただのハガキや。だから、来年の2013年の年賀状作りました。次の分。辰年の次だから巳年の奴。今の内に作っておけば忘れようもないというわけ。ふふん。

2013年用 年賀状

過去の日記