林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

2011年08月の林檎の日記

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

林檎の日記 2011年08月 の日記

私の携帯オーディオプレーヤーの曲を眺めていたらボーカロイド由来の曲がかなり多い。大体シェア30%ぐらい。例えばちょっとだけ古いけど「letter song」とか「ダブルラリアット」とか大好き。尋常ならざる名曲です。私は積極的にニコニコで楽曲を探してまわるという事は全くしません。ネットをうろうろしていてたまたま目に付いた曲を入れているぐらい。だのに30%。普段からニコニコをチェックしている人のiPodはどんな事になっているのでしょう。
インターネットの発達で個人の情報発信が容易になってアマチュアがプロに取って代わるなんて言われて久しいです。でもそうでもないよね。思っていたよりもそうでもない。Twitterがニュース的な働きはしてはいますが、結局信頼ある情報ソースは、新聞社などのサイトです。アニメもYoutubeがこれだけ巨大化した現在でも、主役はプロの作った映像コンテンツです。個人の作品ではショートムービーをちらほら見かける程度です。なんだかんだで今後もこんな感じなんじゃないかと思います。でも、音楽だけは別なんじゃ。アマチュアに勝てるとは思えない。

■ 一人でもなんとかなる
一人で報道を行うのは難しい。大人数で組織的にニュースを収拾して、さらに時間をかけて信頼を得ないといけないから。アニメを一人で作るのは難しい。アニメは何十人もの人が一緒に作成する総合芸術だから。音楽はどうか。音楽は突き詰めてしまえば、5分少々の音です。メロディであるとか、ボーカルであるとか、歌詞であるとかの要素はあるけど一人でやってやれない事はない。今は作曲ソフトであるとか、ボーカロイドとかあるしなんとかなる。私は曲を作った事がないので無責任な事を言うけど、なんとかなるに違いない。

■ 数の暴力
奴らの数がヤバイ。いくらでも湧いて出る。プロのミュージシャンが何人ぐらい日本に居るのか知らないけど1000人くらい? アマチュアは、そんなもんじゃない。二桁は違う。ニコニコでVOCALOIDタグが付いている動画の数は現在157,489件。矢継ぎ早に休みなく新曲をリリースしてくる。奴らは疲れを知らない。しかもスランプという物が存在しない。誰かがスランプに陥ったとしても、他の誰かがいい曲を出すに違いないから。
100曲に10曲だけ名曲を作れるミュージシャンは、100曲に1曲だけ名曲を作れるアマチュア100人にはかなわない。数は力。

■ なんだか分業してたりする
ミクかなんかの素晴らしい曲があるとします。そうすると誰かが映像を付けてくれる、これプロの仕業なんじゃってのが映像が付く。さらに人気が出て歌ってみたとか言い出してボーカルを付けてくれる。ボーカロイドの歌声も悪くないけど、まだまだ人間にはかなわない。人気が出てさらに大量の人が歌い出す。その中には自分好みの声の人もいるはず。

■ ロングテール
プロは制約が大きい。CDとしてプレスする以上ある程度売れてもらわないと困る。だから多くの人にそれなりに支持されそうな保守的な楽曲になりがち。マイノリティなんて知ったことか。私はうまいとかではなく色々剥き出しの味のある歌が大好物です。例えば ギターウルフマン 『壊れかけのRadio』 とか。こういう尖った物はプロではなかなかない。

「明日から音楽業界がなくなります」と言われたとしても私は「残念です」と思うぐらい。無くなっても結構大丈夫。でもいくら劣っているといっても常識的に考えてなくならないよね。でも変わりはすると思う。
高層ビルのような形をしていました。音楽を発表する権利があるのはプロだけ。今までの音楽業界は、高層ビルのような形でした。それがプロは一握りの本物とプロモーションがうまい奴だけが残って、ボーカロイドの曲をカラオケ配信しているような半分プロみたいな層、さらに大量のアマチュアを取り込んだもっとペチャっとした裾野の広がった富士山のような形になるんじゃないか。今はきっとその移行期。

HP、webOS端末事業の打ち切りを発表
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1108/19/news016.html

終わりましたね。これ以上ないレベルで終わりました。HPがWebOS事業の打ち切りを発表しました。これによって私の携帯電話乗り換え候補ぶっちぎりナンバーワンだった、フルキーボード搭載のwebOSスマートフォン「HP Pre3」の日本語版は、何が起きても、どうやっても、これまでも、今も、これからも、未来永劫発売されないのが決定しました。ちょっと失礼してシャウトさせて頂いてよろしいでしょうか? なああああぁあああああ!!!! もおおおおおおおぉsgだgjdsぞ!!!! なんでなのよ……

私は信じていたのです。HPさんならきっとやってくれると信じて今まで生きてきました。もちろん、HPさんは毛ほどもHP Pre3を日本で出す的な発言はしていませんでしたが、あのHPさんならきっと。私は以前にiPAQ h2210というPDAを持っていました。というか今でも持っているはずなので探してみたらあった。下のスクショね。ああ、なにもかもが懐かしい。挿してあったSDカードの容量が256MBなのが時代を感じさせます。キビキビ動く素敵な端末でした。これで移動中なんかに、音楽を聴き、エアーエッジのカードを挿して2ちゃんねるを見たものです。
結局PDAの時代は到来しませんでしたね。スマートフォン全盛の現在その役目は終えたと言っていいでしょう。iPAQ h2210が売られていた2003年頃もPDAは、一部のガジェット好きだけが使うニッチな製品でした。アメリカならまだしも日本におけるPDA市場なんてギャグレベルの大きさだった事でしょう。それでもHPは日本でiPAQを出し続けたのです。
それにiPAQとwebOSは状況が似ているのです。iPAQはCompaqを買収して引き継いだ製品です。webOSはPalm社を買収して引き継いだ事業です。iPAQを日本で売ったように、webOS端末も日本で売ってくれるものとばかり。

携帯電話はフルキーボードが搭載されている物でないと緑色の泡になって消滅するという持病を持っている私はこれからどうすればいいのでしょう。Windows7を搭載している富士通のF-07C。この異端児っぷりは素晴らしいけど横スライドってのはあまり好きじゃない。現実的にはBlackBerryぐらいしか選択肢がなくなってしまった。誰かWindows PhoneかMeeGo辺りを搭載したストレート or 縦スライドのフルキーボード搭載スマートフォンを作ってください。お願いします。

iPAQ h2210

2011-08-05 01:02:59エルゴノミクス

ハッ、エルゴノミクス! ハッ、人間工学! ハッ、左右分離! ハッ、キネシス!! ハッ、ハッ!!

東プレのRealforce 89UからKinesis Advantage USB Contoured Keyboardにキーボードを買い換えました。エルゴノミクスキーボードです。同じエルゴノミクスでも、マイクロソフトの奴と比べるとかなり攻撃的な製品です。キーが完全に左右分離している。キーが互い違いではなく格子状にならんでいる。Ctrlキー、Altキー、スペースキー、デリートキーなんかが親指の所に配置されている。ヒャッハー。

最初は買うつもりなんてなかったんですよ。特にエルゴノミクスキーボードへの憧れも無かったし。印象としては何これ凄いw。キーの配置されている曲線が半端無い。なんか真ん中に凄いデッドスペースあるしウケル。えーと購入。
うっかりね、ついうっかり買ってしまいました。びっくりしたなーもー。大きさとしては、フルキーボードより少し幅が狭いぐらい、見た目の印象よりは小さいです。デザインは最高、本当に美しいと思う。使ってみた第一印象は最悪。なんぞこれー!? 使い心地云々の以前にあまりに異質すぎて文章が打てません。買ってから一週間ぐらいたちますが、いまだに違和感がある。でも無理矢理使っていたので文章は普通に打てるようになりました。手をほとんど動かすことなく打てるのが気持ちいい。Kinesisはキーボード側でフルにキー配列をカスタマイズ出来るので最適な配列を現在模索中です。

Kinesisを使っていると自分の癖がわかります。私は、どうも左右の手でお互いに助け合いをしていたらしいのです。例えば、Y、N、T、B、辺りのキーは左右の手どっちでも打っていた。左が忙しそうなら右手で打って、右手が忙しいそうだったら左手で打ってた。困ったときはお互いさまですよ。それがKinesisにしたら左右が完全に分離されてしまうのでヘルプが出来ない。左手と右手が絶望的に離れてしまった、悲しくて寂しい。もうお互いが一人で自立しないといけない時がきたのですね。もっと強くならねば。

Kinesis

過去の日記