林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

2011年02月の林檎の日記

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

林檎の日記 2011年02月 の日記

http://www.facebook.com/pages/%E6%9E%97%E6%AA%8E%E3%81%AE%E6%9C%A8/202468889763937

Facebookページを作ってみました。普通のFacebookのアカウントというわけではなく、"ページ"の方をつくりました。ちょっと前で言うファンページです。Facebookページってなんか企業とかが作る物と思っていたのですが、調べたところ別に普通のサイトでも作ってよさそうだったので。とりあえず林檎の木のRSSとTwitterのnewtonアカウントからのツイートをウォールに自動で流れるようにして、林檎の木の歴代のタイトル画像をアップロードしてみた。これ以上は正直なにをしていいのかさっぱり。ウォールに来訪者がなんか書き込んでくれたりするのかな?それとも「いいね!」ボタンを林檎の木に付けた方がいいのか。もっと面白い事が出来るアプリを追加とかするのかも。

それにしてもFacebookの操作って慣れないというか、なんか違和感がある。こっちの起こしたアクションに対して、期待通りの動きをしてくれないとかそんな。これは私がもう古い人間だという事か...いや、いやきっと違う、違っていて欲しい。おそらく使えば使うほど味の出るスルメタイプのインターフェースなんだ!現状では使おうにも何をしていいのか分からないのでみんななんかしてくださいね。

第45回スーパーボウル

オンラインソフトの紹介文として最適な文章量はどのぐらいだろうという事をよく考えます。もっと文字数が少ない方が、気軽に読めていいのじゃないだろうか、いやいやもっと文字数を増やしてパンチを効かせよう。

世の中の流れはより少ない文章量により少ない文章量により少ない文章量にと向かっている気がします。もうブログで長文を書いたり読んだりするのは流行りませんから。Twitterなんてたった140文字だし、TumblrやInstagramなんかは文章ではなくもっぱら画像がコミュニケーションの主力です。画像で自分を表現する。かと思えば、私とか長文大好物です。短い記事で欲求不満になることもしばしば。もっと書いてよ!しかし私の知人で二行以上の文章は飽きてしまって読めないという人がいます。個人差はなはだしい。いいかげんにして欲しい。よくよく考えてみると、記事によって最適な文章量は違うんじゃないだろうか。例えば、デジカメのレビューは写真を交えて事細かに書いた方がいいかもしれません。ニュースなんかはだらだら書くより完結に事実を述べるべきかもしれません。じゃあ、オンラインソフトの紹介に最適な文章量は?林檎の木に最適な文章量は?

答えはないとは思いますが、私が長年やってきた経験から1200文字ぐらいが妥協点、落としどころとしていいのじゃないかと思っています。原稿用紙3枚分。このぐらいが適度に読み応えがあって、一気に読めてしまう分量な気がする。例を出すとこの前紹介してたツイタマが丁度1200文字ぐらい。ちなみに500文字ぐらいは4次元ポケット、2000文字ぐらいは、Speed Dialです。どうですか、やっぱり1200文字ぐらいが丁度よくないですか?

1200文字では多くのソフトですべての機能を紹介するには紙面がまったく足りません。そこをうまいこと取捨選択して良さを正確に伝えるのが私のやるべき事。140文字縛りよりあきらかに楽だし私ならきっとできるさ。ちなみにこの日記は850文字程。日記にはこのぐらいが丁度いい。

素晴らしい試合でしたね。観ていて実にはらはらしました。リードしているパッカーズが途中でモメンタムをスティーラーズに奪われて、リードしているのに追い詰められているという不思議な試合でした。とにかくロジャースが素晴らしかった。プレイオフに入ってからのロジャースは神がかっていた。ベアーズ戦はちょっと低調だったけれど、ファルコンズ戦とか完全にゾーンに入っていた。QBレート136.8ってなにそれ高すぎる。ブレイディが33歳、マニングは34歳、鉄人ブレッドファーブ41歳は引退ですから、若いNFLの次代を担うQBが活躍するのは喜ばしい。鉄人の控えとして学んだロジャースはグレートなQBになるって欲しいものです。

ここ数年のスーパーボウルは本当にいい試合が続きますね。去年はコルツが出ていたので点を取ったら狂喜乱舞して壁を蹴り抜いて、タッチダウンを許したら暴れて壁を蹴り抜いてと忙しかったので正直良く覚えていないのですが、その前はホームズのミラクルキャッチによる大逆転、その前はイーライのほぼQBサックされつつパスを通して逆転と劇的な試合がてんこ盛り。ワンサイドだったのは2006年シーズンのコルツがベアーズに勝った時まで遡る必要がある。来年もこんないい試合がみたいものです。ついでに来年はコルツのホームのルーカスオイルスタジアムでスーパーボウルが開催されます。スーパーボウル開催地のチームがスーパーボウルに出場出来ないジンクスをコルツにぶち破って欲しい。

第45回スーパーボウル

2011-02-01 00:43:202ちゃんねるは別腹

最近、2ちゃんねる衰退論をよく目にする気がする。曰く、大規模規制後に書き込みが激減。曰く、ブログ/Twitter/SNSなど新しいメディアの台頭により2ちゃんねるの役目は終わった。実際、書き込み数はここ数年減少傾向にあるらしいですね。言われてみれば、人が減ったせいなのか昔ほどギラギラ感は今の2ちゃんには無い。私は2001年の8月危機をリアルタイムで経験しているぐらい付き合いが長いので2ちゃんねるが小さくなっていく姿は悲しいです。

でも、2ちゃんねるは無くなりはしないでしょ。いや、2ちゃんねるは無くなるかもしれないけど2ちゃんねる的なサービスは無くならない。だって2ちゃんねるとかインフラは別として仕組み的には恐ろしくシンプルですよ。細かい機能の追加はありましたが、基本の仕組みは10年以上も何も変わっていない。つまり書き込むとスレッドが上に移動して、メール欄にsageと書けば上がらなくて、1000レスが付くとdatに落ちる、それだけ。これって結構凄い事、変わる必要がなかったんですね。優れた仕組みとかではなく、人が多いというその一点でやってきたのです。だから匿名で適当な事を書き込みたいという需要は今も昔も強くあるに違いない。大体、ブログ/Twitter/SNS なんかと並べてしまうのがちゃんちゃらおかしい。それ一つ一つまったく別レイヤーのサービスじゃない。いくら松屋のカレーが美味しかったとしても、マクドナルドのフィレオフィッシュを食べなくなるなんで事はないよ。みんなが止めても私は両方とも食べるよ。そんなわけで2ちゃんねるは永久に不滅です。うっかり滅してしまった場合は、何度でも蘇るさ。

過去の日記