林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

2009年12月の林檎の日記

林檎の日記 2009年12月 の日記

2009-12-23 18:24:25未来の貴方への年賀状

毎年恒例の年賀状を作りましたよ。今年は、10年後の自分にあてた手紙風という趣向で作成。書いてて思ったのですが、2010年って昔の自分からすると随分遠い未来を生きていると言う事。だってもうセカンドインパクト後だし、アトムは10万馬力だし、ジョン・タイター曰くアメリカで内戦もう起きているはずだし。まてまて、そもそも1999年7月に世界滅亡していたか。早いなー、すぐだったなー。このペースだと2112年9月3日のドラえもん誕生もすぐでしょうね。

2010年年賀状

NERF」をご存知でしょうか?アメリカのハズブロ社(G.I.ジョーやツイスターを作った会社だね)が作っているトイガンです。5cmくらいのスポンジの弾を発射してキャッキャウフフというコンセプトです。スライドを一回コッキングすると一発発射可能になるいわゆる「エアーコッキングガン」です。いやー私こういうの欲しかったんですよ。部屋の中でもてあそんで、シュコっと弾を発射して空き缶を倒す、そんなんが欲しかった。サバゲとかはまったくやらず室内で使いたい私の場合、東京マルイとかのエアガンはオーバースペックもはなはだしい。ホップアップ(弾にバックスピンをかけて射程を延ばす技術)で30mとか飛ばなくていいから、私の部屋はそんなに広くないから。しかも弾の威力が半端ないので、もし空き缶をそれたら壁に傷が出来ますよ。BB弾を回収するのも面倒だし。その点NERFの有効射程は5mくらいだし、弾はかわせるぐらいの速度だし、弾がデカイから回収も容易、まさにドンぴしゃりの性能です。

私は日本のおもちゃこそ世界一であると勝手に確信を持っていたのですが、NERFには一本取られた。いや物自体の作りとかはチープなんですよ。これでもかって程プラスチックプラスチックしているし、バリとか残っているし、おもちゃ感丸出し。日本人が作ったら同じプラスチックでも、もっと高級感を出せるぜとは思う。でも、一発撃ってみたら作りのチープさとか吹っ飛んだ。なにこれ楽しいじゃない。撃ってて気持ちがいいのですよ。シュコッという発射音が小気味いい、実にいい音をしている。5mしか飛ばない癖に結構な勢いで弾が出るのもいい。弾の先に吸盤が付いているのですが、まったくなんてグッドアイディアなんだ。吸盤があるので、平らな面なら何でもくっつく、テレビとかを撃つとスコンッとか音がして弾がくっつく、おふぉーー。おもちゃって見た目の豪華さより楽しい事が一番大事なんだね。ちなみにNERFですが大人向けではなかろうか。大体こんなに楽しい物をお子様に与えるのはもったいないし、ついさっきまで大人である私が奇声を発しながら、さまざまなポーズで1時間ほど撃ちまくっていた一事を見ても間違いないと思います。

NERF N-STRIKE MAVERICK

2009-12-04 02:17:16Amazonの深謀遠慮

先日、Amazonから商品が届きました。やたらデカイ。なにこれ?高さが15cmぐらいあるダンボールですよ。DVDだったら、DVDボックスが入っていそうなサイズ。動物だったら、猫なんかがスッポリ入りそう、かなり肥満した子でもすっぽりですよ。私どんな猫を注文したかしらと開けてみたら、よつばと!の9巻でした。これだけ、一冊だけ入ってた。これは間違い無い。Amazonほどの通販業界の巨人が意味もなくこんな包装をするはずが無いんだよ!これには何か理由がある。そんなわけで私なりに考えて見ましたよと。

第一案:「金は正義だジャスティスだ」
丁度いいサイズのダンボールが品切れであります。だからこのよつばと!は余っている中途半端な大きさのダンボールに入れてしまえ。ダンボール余らしたらもったいない、もったいないお化けがでるわ。

第二案:「サプライズ!サプライズ!サプライズ!」
やっぱね、人生には"驚き"という要素は重要だと思うのですよ。延々と続く退屈な毎日に刺激を、希望の無い生活に驚きを。だから私は、わざと大きい箱に詰めているのですよ。もっと突き詰めて、逆に無理矢理小さい箱に入れるのがマイブーム

第三案:「肉球」
あまったスペースには猫を詰めたのですが、生ものはまずいと止められたのでやめにしました。

第三案かな〜。なにごとも夢がある方がいいよね。

猫が入っていたに違い無い

過去の日記