林檎の木タイトル画像

Windows用のフリーソフト、シェアウェアの紹介サイト

2008年08月の林檎の日記

お知らせ:当サイトは2017/05/07に閉鎖予定です。メッセージなど

林檎の日記 2008年08月 の日記

2008-08-28 00:45:54くやしくなんてない

いつのまにか、広瀬 正さんの名作「マイナス・ゼロ」が文庫本で出てた。文庫本が出るまでは、マイナス・ゼロは絶版になっていて、入手困難な幻の作品、とまでは言いませんが、入手が面倒な作品でした。お値段も少々高かったしね。私の場合、ヤフオクで1800円で購入しました。シミや汚れがあったので相場よりは安く買いました。ああ、でも文庫が出ると知っていたら買わなかったのに。くやしい。そして憎い、全てが憎い。なんで私が損をしているのに、なんでみんな幸せそうなの?どうして?みんなみんないなくなっちゃえ!(出典:どくさいスイッチ)

でもまあ、私にとっては訃報でしかないですが、まだ読んでいない人には吉報ですね。埋もれさせておくにはもったいないレベルのクオリティーでしたから。内容は、タイムマシン物です。それも、所謂タイムマシンがそのままずばり登場する、直球ど真ん中ストレートのタイムマシン物です。使い古されたタイムマシンという素材を使って、緻密に、精密に、巧妙に構成されています。タイムマシン物に必須のタイムパラドクスも綺麗に織り込まれています。最後に伏線を全て華麗に回収していくさまは、美しいと言っていいレベル。ただ、キャラクターの書き込みはそれほど深くは無いので、キャラクターに萌えたい人にはお勧め出来ません。それより、そのギミックに目をむいて、その機能美に鼻息が荒くなる人にお勧め。ネタがわかってから、二度目をにやにやしながら読むのが楽しいタイプの小説。私の中では、タイムマシン物としては、ドラえもんとタメを張るレベルの作品です。

マイナス・ゼロ

北京ネタは書くまいと思ってたんですけどね。ウサイン・ボルトが変態的すぎてね。100mはまあいいですよ。ちょいちょい更新されてましたしね。でも、200mで世界新はありえない。マイケル・ジョンソンの19秒32は、もう二度と更新出来ないと言われている記録でしたから。しかも完成されていたマイケル・ジョンソンの走りに対して、荒削りな感じなのに。こんな変態的な性能の選手は久しぶりにみた。

今日始めて知ったのですが、略語を表示するため専用のタグがあるらしいですね。acronymタグとabbrタグ。例えば、ピコピコ、他には用語の説明でもいいのかな、卓球。こんな風に使います。acronymタグとabbrタグも基本的に出来る事は同じみたいですが、使い分け方には諸説あるらしくよくわかりません。まあ、どっちでもいいや。ちなみにIE5/6は、abbrタグが効かないらしいので注意です。
しかし、わざわざこんなどうでもいいような用途に、わざわざタグをふってるとは驚きを禁じえません。しかもドマイナーでしょ。私も全く知らなかったし。マイナー度を測るためにGoogleで検索して件数を測ってみました。

abbr の検索結果 約 14,700,000 件
acronym の検索結果 約 24,500,000 件
a の検索結果 約 18,380,000,000 件

いやーぶっちでした。さすがアンカータグ。えーと180億ですか?さすがです。
まあ、こんだけマイナーでも存在価値はあるみたい。SEO的にやっとくと良いみたいですね。省略形も省略しない形も両方ヒットするので有利とか。試して効果が上がったとかじゃないんで、なんとも言えないのですが、確かに意味はありそう。今度やってみよう。ああ、そういえばfontタグにtitle属性付けて用語の説明を私やってるんですが、これは、acronymタグとabbrタグに置き換えた方がいいのかも

2008-08-12 22:19:50タグはじめました

タグ機能を付けました。はてなとニコニコからそれとなくパクりつつ実装しました。誰でもタグの選択、追加が可能です。タグの削除は、管理者のみが可能です。タグをフリーワードで入力する方式では無く、あえてすでに登録のあるタグから選択する方式を取りました。「Free」と「無料」が別のタグとして登録されるのが嫌なので、選択式にしました。今の方式でも起こりえますが、まだ起こりにくいかなと。

極力既存のタグで間に合わせて、どうしても無い場合はタグの追加をするという使い方をしてもらえると私が喜びます。ニコニコのような、タグ欄を使ったコメント的な使い方は避けてください。タグを追加すると他のソフトのタグ選択の場面にも表示されます。
最初のタグ登録は私がやりましたが、ソフト一つ一つへのタグ紐付けは、まだ行っていません。私もやりますけど、面倒くさいのでみなさんもバリバリ登録しちゃってください。

2008-08-11 20:58:58ジレンマ

私は、紹介文にの中で決して使うまいと心に決めている単語がいくつかあります。例えば「確信犯」、例えば「役不足」、例えば「気の置けない」。確信犯とかフォルテシモ最悪ですね。でも、あまりに一般的な単語なので気を抜いてると使ってしまいそうになるから恐ろしい。これらの単語の共通項は、「誤用」。本来の意味と違った意味で通ってしまっている単語です。

確信犯の場合、本来の意味は「道徳的・宗教的・政治的な信念に基づき、自らの行為を正しいと信じてなされる犯罪。」(出典:大辞林 第二版)これが、なにをどうしたのか「悪いと知りながら意図的または作為的に犯す悪徳(ないし犯罪)」(出典:Wikipedia)といった間違った意味で通ってしまっています。確信犯の場合、私の知る限り本来の意味で使っている人は見たことがなく、100%間違った意味で使われています。文章を書く側からするとこれは困った問題です。まったく同じ文章でも人によっては違う取り方をする可能性があるからです。例えば、私が露出狂だとしますね。それで、貴方が私を指差して「貴方は確信犯だ」と言ったとします。一般的な間違った方の意味で解釈すると私は、悪いと知りながらその快感を得るために日々露出を繰り返している変態という事になります。しかし、正しい意味で解釈すると私は、この大量消費社会に警鐘を鳴らすために、人類の原点回帰を求めて日々露出を繰り返す革命の徒になってしまいます。一言一句同じなのに、こうも違う意味にとられる可能性があるために私は使用を避けているわけです。

いや、ごめんなさい、これは建前です。違う意味にとられるのが怖いってのも無くは無いけど本当は、( ´,_ゝ`)プッって思われるのがたまらなく嫌だから。私は、言葉という物は日々変化していくものであって、確信犯もいつかは、間違った方が正しい意味になっていくと思います。言葉なんてそんなものです。ただ、問題は変化しきっていないって事です。今、間違った意味で確信犯を使うと、絶対にしたり顔で「こいつ間違って使ってやがる。アホすぎる」とか言い出す奴が絶対にいる。でも、正しい意味で使うと「なんだ、これ意味分からん。アホすぎる」ってなってしまう。どっちにしろアホになってしまう!だから使わないの。30年ぐらいたって、本来の意味が雲散霧消するまで絶対使わない。でも、困った事に間違った意の確信犯にかわる、適当な単語が無いんですよね。故意犯って単語があるらしいのですが、そんな誰も知らないのを使ってもなあ。なので私の文章では「悪いと知りながら意図的または作為的に犯す悪徳」を簡潔に表現出来ません。間違った意の確信犯は、かなり便利な言葉で活躍できる場も多いだけに、本当に不便です。あーもう、本当の意味なんて無くてよかったのに、どうせ誰も使ってないし。

あまりに普通過ぎるネタで恐縮ですが、Googleのストリートビューが思っていたより凄い件について。Googleのカメラカーがそこここに出没しているって話は、聞いていたので日本でのサービスイン自体に新鮮さは無かったです。ですよね、やっぱり日本でもやりますよねー。でも、最初っからこの網羅性でくるとは思っていなかった。我が家の周りとか小さい路地も含めてほぼ網羅してあった。家の前も撮影してたのか、何時の間に。

私は方向が音痴なんで、これいいかも。なにぶん方向が音痴なので、知らない町にお出かけするなんて恐怖以外の何者でもないです。地図を用意しておいても、実際の場所に行くと予想と全然違ってどれがどこやら、なんてのは日常茶飯事。でも、ストリートビュー以後は、一度目的地に行く前に実際の場所の画像を見ながらリハーサルが出来る。いい。日本全国、1億2728万人の方向が音痴の人々の救世主になるかもしれません。

ストリートビュー

2008-08-04 19:19:52蛍の光、窓の雪

一週間更新祭りは全日程を消化し、つつがなく終了しました。Newtonは5日分のストックが無くなった最後の土日は泣きながら更新を行い、7日間全裸で踊り続けたマーティンは、燃え尽きたのか真っ白になってそこに転がっています。いやーでもみんないい顔をしている。やり遂げたって顔だ。
一週間に紹介したソフトのリストは以下

正直、日曜日は本気で更新をサボろうかと思った。祭りの最終日から突然の更新停止 → 死亡説が流れる → 一週間後の日曜日に何食わぬ顔で更新再開。ってネタをやったろうかと本気で検討した。でもそれは逃げだなと、それをやるんだったら二日目にやって「いきなり祭り終了かよ!」と突っ込まれるべきだな、と私の中のジャスティスが逃げを許さなかったわけです。
さて全力で走り切ったNewtonが次に更新する気になるのは一体何時なのか、1年後か、それとも2年後か?では、また会う日まで

2008-08-01 00:59:52ポリゴン荒すぎ

なんかいつの間にかF-117が退役してた。知らなかった。今年の4/22に退役したんですって。まだ、早いでしょとか思ったら運用開始から27年経過してたらしい。思ったよりは、長く使ってましたけど、まだまだいけたでしょ。大好きな機体だけに悲しいです。お疲れ様でした。そういえば、トムキャットも退役したんですよね。こういった奇抜な機体は寿命は短いですね。同期のF-15はまだバリバリの現役ですし、翼が動くのがいけなかったのか。

話を戻しますが、私はF-117が大好きです。何が好きって、Fighter(戦闘機)の名を冠しているのに空戦はダメダメだったり、尾翼が付いててもうちょっとで全翼機になれていないとか、妙に角張ってるとか、音速超えられないとか、あーとにかく好きなんです、その不完全さが。私は完璧な物ってあまり好きになれないんですよね、身構えちゃって。どこかスキがある方がいい、突っ込み所がある方がいい。
ほらよく見て、いいでしょこのフォルム、初期のバーチャファイターみたいで。なんでも、当時コンピューターの性能がしょっぱくて曲線を多用した機体のレーダー波の反射をシミュレーション出来なく、仕方なしに直線を多用したフォルムになったとか。そんな時期に生まれたからこそ、こんな超奇抜なフォルムを持っているわけで、もう二度とF-117のような機体は出ないでしょうね。なんか未来を感じる事が出来る戦闘機です。それも超高層ビルが立ち並び、透明なチューブの中を車が走っているような、未来です。F-117以外だとB-2にも未来を感じますね。なんてたって全翼機ですから。F-22は未来レベルが低いですね。スマートでかっこいいはかっこいいんですが、形が普通すぎる。でも今度来るF-35は、未来度バリ3です。ぱっと見普通なんですが、なんとノズルが下を向きます。ウィーンって。さらに、胴体の真ん中辺がパカっと開いてファンが回り始めます。ファン+ノズル(下向き)で垂直離着陸が可能!なんだそれースゲー。最初にF-35の動画を見たときは、ビックリしすぎて鼻血とか色々出ました。
見た目が最高のF-117が退役して、ギミックが最高なF-35が入ってくるわけで、未来パワーは差し引きゼロ。アメリカ空軍の未来ランクは下がっていないのでご安心を。

F-117

過去の日記